ポジティブなイメージで「欲望」と付き合う

こんにちは、あらやんです。

今回は、ポジティブなイメージで「欲望」と付き合うというテーマでお話をしていきます。

あなたは欲望という言葉になんだか悪いイメージを持っていないでしょうか。実際、良いイメージを持っている人は少ないと思います。

欲望=金稼ぎ、高級車乗り回したい、いいもの食べたい、ブランド品欲しい、南の島で綺麗な女の子に囲まれたい…

念のため言っておきますがこれは私の欲望ではないですよ(笑)

確かにこういったものも欲望として持っている人は持っているのでしょうが、こういった物欲や食欲、性欲だけが欲望ではありません。

あなたが目標を達成し、理想の状態にたどり着くためにはあなたの欲望と正面から向き合い、付き合っていく必要があります。

以前Twitterでこんな内容の投稿をしました。

ここに書いてあるように、何かを達成したいというモチベーションの源こそが欲望です。この記事を参考にして自分自身の欲望と向き合い、自らをモチベートしていって下さいね。

 

自分の欲望と正面から向き合う

 

先ほども書きましたが、欲望というとマイナスなイメージを持っている人が多いと思います。

特に日本においては質素倹約と言うか、多くを欲しがらないことを美徳とするような風潮がありますよね。

では欲望は持ってはいけないのかというとそうではないと私は思います。

これが欲しい!これをしたい!こうなりたい!絶対に実現したい!こういった欲望がなくては自分自身を奮い立て、モチベーションを高めることはできないと思います。

そのためには自分がそういった欲望を持っているということを認め、受け入れ、正面から向き合うことが重要です。

 

マズローの欲求5段階説|今の段階を受け入れる

 

以前の記事でマズローの欲求5段階説というものを紹介しました。

欲求のメンタルブロック|マズローの欲望5段階説

2017.09.30

心理学者のマズローによると、人間の欲求は5段階に分かれており、人間は常に上の段階へ向けて成長しているそうです。

もしあなたがネットビジネスでの大きな目標として1000万円稼ぐ、2000万円稼ぐ、5000万円稼ぐというような目標設定をしていたとして、一方でお金を稼ぐことは良くないことの様なイメージを持っていたとします。

この状態というのはお金を稼ぐことにメンタルブロックがかかった状態でお金を稼ごうとしているので、おそらく成果は出づらいと思います。車で言うならサイドブレーキを引いてフットブレーキを踏んでアクセルも踏んでいる状態です。

ではどうしたらいいでしょうか。私が言うには、「お金が欲しい自分を認め、受け入れてあげる」ことがまず必要だと思います。

マズローの欲求5段階説で言うならば、生活のためにお金が欲しいという欲求は低い段階の欲求です。

でもいいじゃないですか、低い段階の欲求だって。だってそれが今のあなた自身なんですから。

決してあきらめや卑下ではありません。ありのままの自分を受け入れるということです。

今いる欲求の段階が高いか低いかはその人それぞれです。

親がお金持ちでお金の心配を全くしてこなかった人はお金稼ぎにそこまで必死ではないかもしれませんし、貧乏な家庭で育った人はお金稼ぎに必死になるかもしれません。でもそれはたまたまそういう環境に生まれただけであなたが何かしたわけではないですよね。

年齢で言っても欲求の段階は違います。子供は自分の欲求に正直ですからおもちゃが欲しければおもちゃが欲しいと泣き叫んで求めるでしょうし、数々の経験を積んで精神的に成熟した方は他者貢献に生きがいを見出すのかもしれません。

要は良い悪いということではないということです。

今の自分を認めてあげる。受け止めてあげる。

そして今持っている欲望を満たしていくことです。その欲望をモチベーションの源として行動し、成果を挙げる。そうしたらまた次の欲望が生まれてくるはずです。それを繰り返しているうちに自然と欲求の段階が上がっていき、精神的にも成長できるのではないかと思います。

自分の欲望を押さえつけ、今自分が持っている欲望は良くない物なんだと決めつけて何も行動をしなくなってしまうと成長が止まってしまうのではないでしょうか。
 

 

 


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?