AddQuicktagの使い方を学んで作業効率を上げる方法

こんにちは、あらやんです。

今回はWordPressのプラグインであるAddQuicktagの使い方を学んで作業効率を上げる方法について説明していきます。

あなたは記事作成の時にタグやショートコードは使用しますか?もし使用している場合にはAddQuicktagを導入し、使い方を学んで使いこなせるようになれば作業効率が上がるのでぜひ導入してみて下さいね。

 

初めに|AddQuicktagとは

AddQuicktagとはタグを管理するプラグインです。このAddQuicktagを導入することで事前にタグを設定し、その設定したタグをクリック一つで記事に挿入することができます。

またテキストモード上部に表示されるタグの表示/非表示も設定できるので、自分にとって使いやすい状態にすることができます。

中にはビジュアルモードでしか記事作成しませんという方もいると思うのでその場合にはあまり活躍しないプラグインですが、WordPressでの記事作成にも慣れてきて、記事の表現にもこだわりがでてくるとタグを使用する場面も出てくると思います。

そういった時にAddQuicktagは非常に重宝するプラグインです。

 

AddQuicktagの設定方法

まずはAddQuicktagをダウンロードして有効化しましょう。

もしプラグインのダウンロードや有効化について分からない方は先にこちらの記事を読んでおいてくださいね。

WordPressでプラグインをインストールする方法

2017.09.19

次にダッシュボード画面左の「設定」に「AddQuicktag」が追加されているはずなのでこれをクリックして下さい。

そうするとクイックタグの追加と削除という画面が表示されます。

この画面からタグの編集を行います。各項目を詳しく見ていきましょう。

  • ボタンのラベル:ここに入力した文字がテキストエディター上部にタグとして表示されます。
  • ダッシュアイコン:アイコンが設定できます(私は使っていません)。
  • ラベル名:ラベルの説明文を入れることができます。
  • 開始タグと終了タグ:ボタンのラベルに対応した開始タグと終了タグを入力します。
  • アクセスキー:「ALT」ボタンと設定したアクセスキーでタグを呼び出すことができるようです(私は使っていません)。
  • 順番:設定した各タグを並べる順番を指定することができます。

右側にあるチェックマークがついている部分は、設定したタグを表示する場面を設定することができます。

例えばビジュアルエディターにチェックを入れておけばビジュアルエディターに表示されるし、postにチェックを入れておけば記事の投稿ページに表示されます。

最初はどのチェックボックスにもチェックが入っていない状態なので、設定したのに表示されない!ということが起きがちです。もしも表示されていない場合はここを確認してみて下さい。

最後に「変更を保存」ボタンをクリックするのもお忘れなく。

 

AddQuicktagの使い方

クイックタグの設定画面でタグの設定が完了すると実際に設定したタグを使えるようになります。

ビジュアルエディターのチェックボックスにチェックを入れておいた場合、ビジュアルエディターにはドロップダウンリストが表示され、そこから選んでクリックするだけで簡単にタグを挿入することができます。

テキストモードでは上部に表示されているタグ一覧に設定したタグが追加されているはずです。

ちなみに既存のタグを非表示にしたい場合は、先ほどのクイックタグの追加と削除の画面を下にスクロールさせていけば「デフォルトのクイックタグを非表示にする」という項目があるのでそこで非表示にしたいタグにチェックを入れて保存するだけで非表示にすることができます。

AddQuicktagの説明はいかがでしたでしょうか。ぜひこのプラグインを使いこなして記事の作成効率を高めていきましょう。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?