【STORK(ストーク)】ショートコードの基本3種を紹介します

こんにちは、あらやんです。

今回は、WordPress用テーマ「STORK(ストーク)」で使えるショートコードの基本3種を紹介していきます。

STORKではショートコードを使うことで色々なことができます。実際に私がSTORKを使う上で便利だと感じるショートコードを紹介していきすね。

 

便利なショートコードたち

STORKは色々と使えるショートコードが揃っています。全て紹介しているとすごい量になってしまいますし公式サイトを見れば一覧は乗っていますので、実際にSTORKを使っている私が便利だと感じる基本的なものに絞って紹介していきます。

私が便利でよく使うショートコードは以下のものです。

  • リンクボタン
  • 吹き出し
  • 他記事リンク

それぞれ説明していきますね。

 

リンクボタン

他の記事だったり固定ページだったり外部サイトへのリンクを作る際に、ショートコードを使わずにやるとテキストや画像にリンクを挿入するような形になりますよね。

それでももちろん機能的には役目は果たしているのですが、STORK独自のショートコードを使うことでリンクボタンを設置することができます。

例えば、

こんな感じです。これは以下のショートコードを入力することで表示できます。

  • シンプルなボタン:[btn class="simple"]ボタンのテキスト[/btn]
  • 大きなボタン:[btn class="big"]ボタンのテキスト[/btn]
  • 大きな目立つボタン:[btn class="big lightning"]ボタンのテキスト[/btn]
  • 背景付きボタン:[btn class="bg big"]ボタンのテキスト[/btn]

「ボタンのテキスト」の部分がボタンに文字として表示されます。ここにリンクを貼るのを忘れないようにしましょう。

 

吹き出し

吹き出しを使うことができると記事内で数名のやり取りを表現出来たり、第三者の言葉を表現出来たりしますよね。

吹き出しの表示もショートコードを使えば簡単にできます。

あらやん
こんな感じに吹き出しが表示できます。

あらやん
吹き出しの顔の位置も変えられますよ!

これはどうやるかというと、

顔が左パターン:[voice icon="アイコンURL" name="名前" type="l"]テキスト[/voice]

顔が右パターン:[voice icon="アイコンURL" name="名前" type="r"]テキスト[/voice]

これを挿入すればOKです。お分かりかもしれませんが、顔の下にくる文字は「名前」の部分に入力した文字になります。

 

他記事リンク

本文中に関連記事を紹介したり、この記事を読む前に先にこちらの記事を読んでおいてくださいねみたいな形で誘導する際、ショートコードを使わないとテキストにリンクを貼り付けるだけになってしまいます。

これもショートコードを使えば簡単にちょっとおしゃれなリンクが作成できます。こんな感じです。

WordPressのテンプレート変えました|STORKについて

2017.11.20

これは他記事リンクを表示させたいところに[kanren postid="記事id"]というショートコードを挿入すればOKです。

ちなみに「関連記事」という文字列を消したい場合は[kanren2 postid="記事id"]にしてください。2が入っただけですね。

どうでしょうか、ショートコードを使えば簡単に記事をひと味違ったおしゃれな感じにできると思うのですがいかがでしょうか。

ぜひショートコードを活用して下さいね。

カスタマイズ記事まとめ

他のSTORK(ストーク)カスタマイズ記事をお探しの方はこちらからどうぞ


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?