魂のステージ

こんにちは、あらやんです。

今回は、魂のステージについてお話をさせて頂きます。ビジネス関連の話とは打って変わってスピリチュアル的な話になります。

私たちの魂は目的を持っています。それは以前の記事にも書きましたが「成長」と「他者貢献」です。魂は本質的には人の役に立つことを求めていて、そのために成長しようとしています。

私たちの魂はRPGのゲームとは違って生まれた時がレベル1でそこからどんどんレベルアップしてレベル99で頭打ちという訳ではありません。

生まれた時にレベル1の人もいれば、生まれた時に既にレベル10の人もいます。これは魂が以前の肉体で積んだ経験があるからですね。

こういう話をしているとなんだか胡散臭いように感じるかもしれませんが、魂の目的の一つに他者貢献があり、そのために成長を求めているというのはマズローの欲求欲求5段階説にも通じます。

欲求のメンタルブロック|マズローの欲望5段階説

2017.09.30

また同じ人間なのに老人になっても自分のことしか考えられない人もいれば、マザーテレサのような人もいます。この違いは何なのかと考えると、そもそも生まれた時の魂の位が違うという説明もありなのかなと私は思います。

このように魂のステージには段階があります。これからこの魂のステージについて説明をしていきますね。

 

一般的な3つの段階とあまり語られない2つの段階

魂のステージには5段階あります。そのうち1~3段階目まではスピリチュアルな話に限らず、一般的な働き方の説明にも使われることがある言葉なので聞いたことがある人は多いと思います。

4~5段階目までは聞いたことのある人は少ないかもしれません。

そんな魂のステージは

  1. ライスワーク
  2. ライクワーク
  3. ライフワーク
  4. ライトワーク
  5. ラストステージ

という5段階になっています。

これは言い換えると何のために働くのかということになります。

1.ライスワーク

ライスワークの「ライス」とは「お米」のことですね。つまり食べるために働く、生きていくためにはお金を稼がないといけないから仕方なく働くという考えを持っている人のステージです。

このステージにいる人の自分のために働いています。

2.ライクワーク

ライクワークの「ライク」とは「好き」ということですね。つまりこの仕事が好きだから働くという考えを持っている人のステージです。

このステージの人もライスワークの人ほど極端ではないですが、まだ自分のために働くという段階です。

3.ライフワーク

ライフワークのステージに達した人は、人の役に立つ為に働くという考えを持っています。

この段階に達すると利己から利他へとシフトしていきます。

4.ライトワーク

ライトワークのステージに達した人もライフワークのステージの人と同じく人の役に立つ為に働くという考えを持っています。

しかしライトワークのステージに達した人がライフワークの人と違うのは、「自分の使命に気付いている」という点です。自分はこの使命を果たすために生まれてきたんだと気付き、そのために働くことができます。

5.ラストステージ

ラストステージに達した人とは言わば「悟り」を開いたような人です。このステージに達する人はほとんどいません。

ライフワーク、ライトワーク、ラストステージに達する人は少ないです。ライクワークのステージにすら達する人はそう多くありません。多くの人はライスワークのステージにいると言われています。

これはラストステージに達した人が良くて、ライスワークのステージにいる人が悪いとかそういった話ではありません。まずは自分の魂のステージを知り、受け入れ、成長していくことが大切です。

あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

メルマガやメンバーズサイトでは

  • 自由なライフスタイルを実現するための具体的な方法
  • 理想を現実にするための思考法・マインドセット
  • より成果を出すための作業のマネジメント

などなど、自由なライフスタイルを実現するための様々な情報を発信していきます。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。

あなたが理想のライフスタイルを実現できるように私も頑張って情報を発信していきます!