今までの自分を手放す

こんにちは、あらやんです。

今回は、今までの自分を手放すというテーマでお話をしていこうと思います。

以前の記事で、私たちの魂は本質的には誰かの役に立つ為に成長することを望んでいるという話をしました。

魂のステージ

2017.11.27

魂のステージを上げるような大きな成長を遂げるには今までの延長線上での成長ではなく、大きく方向性を変える必要があるときがあります。

今回はそういった時期が訪れた時に知っておきたい、「自分を手放す」ということについてお話をします。

 

気付かないうちに陥っている罠

成長して大きな成功をつかみ取りたいのに学んでも学んでも成長が感じられない。自分自信に変化が感じられない。そんなタイミングが訪れる時があります。

これはある意味人間として正常なことです。

今までの人生に不満を感じ、成功をつかみ取りたいと考えている人にとって成功とは自分自身が変化した先にあるものです。なぜなら不満を感じている人生は今までの自分が創り上げてきたものですから、今までの自分が手に入れられなかったものというのは自分が変化しなければ届かない位置にあるということになります。

ですが人間には恒常性維持(ホメオスタシス)という機能が備わていて、自分で意識しなくても身体は一定の状態を保とうとします。つまり意識して自分で変化を遂げていかなければ身体は勝手に変わらないように働くということです。

自分自身が変化しなければ視点が変わりません。視点が変わらないということはどんなに新しいことを学んでも今までと同じ視点でしかものを見られないということです。

そうなると情報そのものはあなたに変化をもたらしてくれるものだったとしても、そこからあなたにインプットされる情報にはあなたに変化をもたらしてくれる情報が含まれていないということになってしまいます。

これではいくらインプットを増やしたとしても変わることができません。

 

今までの自分を疑う

そんな時にまず考えてほしいのは、「もしかして今までの自分の視点は間違っていたのかもしれない」という疑いを持つことです。

これは決して今までの自分を否定して落ち込めということではありません。もしかしたら自分が思うように成長しないのは、今までに培ってきた自分の視点が間違っているのかもしれないという問いを自分自身に立て、前向きに振り返ってみるということです。そして意識的に今までとは違った視点で物を見てみるということです。これこそが「今までの自分を手放す」ということです。

そして今までとは違った視点で物を見ると、今までとは違った情報が自然と集まるようになってきます。

人は意識している情報を勝手に拾うアンテナを持っています。これをカラーバス効果といいます。

もし自分があまり成長していないように感じる時やなんだかうまくいかない時、一度「自分を手放す」という意識をもって行動してみて下さい。

情報源は同じでも、そこから引き出せる情報が変わってきます。


あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。