ネットビジネスでSNSを活用すべき1つの考え方

こんにちは、あらやんです。

今回は、ネットビジネスでSNSを活用すべき1つの考え方について説明していきます。

ネットビジネスで成果を出している人のほとんどはTwitterやFacebookといったSNSを活用しています。これに影響を受けて意図は分からないけどなんとなくSNSを始めてメインサイトにリンクを貼り付けてみたり、サイドバーにタイムラインを表示させてみたという人は多いのではないでしょうか。

もちろんネットビジネスでSNSを活用するのは理由や目的があって行っています。今回はその説明をしていきますね。

 

SNSと集客

前回記事ではネットビジネスでSNS(この記事ではTwitter)を活用する目的として「集客」を挙げました。

ネットビジネスでTwitterを活用するときの注意点

2017.11.28

集客というのはネットビジネスで成果を上げていく上で非常に重要な要素です。というかネットビジネスに限らずほとんどのビジネスにおいて集客は非常に重要な要素ですよね。

DRMにおいて集客というのは一番最初のステップであり、ここがクリアできなければどうすることもできません。ではどうすれば集客の効果を上げることができるでしょうか。

集客の効果を上げるためには出来るだけ集客の間口を広げる必要があると思います。

単純に考えて100人を相手に集客を行うのと1000人を相手に集客を行うのとでは、おそらく後者の方が多くのお客さんを集めることができると思います。

そしてビジネスの成果を大きくしていくためには、お客さんはあなたが対応できる範囲内で最大化していく必要があります。

以前の記事で消費者の購買行動におけるダブルファネルの話をしました。

ネットビジネスで意識すべき3つのファネル

2017.10.26

この記事で説明している通り、集めたお客さんの中で実際に購買までつながるのはそう多くないです。100人のお客さんを集めたからと言って100人が買ってくれるわけではないです。仮に成約率が1%だとしたら100人集めても購入につながるのは1人です。

ですから集客の間口はできるだけ広げておく必要があるということです。

 

ネットビジネスにおける集客の選択肢

ネットビジネスにおいて集客の間口を広げるとは具体的にどういうことでしょうか。

集客の選択肢として、まずメインのものとして考えられるのはあなたのメインサイトでの集客、つまり検索エンジンを経由した集客です。

ですが検索エンジンを経由した集客のみだと、あなたが発信している内容に関連するキーワードを検索した人しかお客さんになり得ないですよね。これだけだと集客の間口が狭い状態ではないでしょうか。

また検索エンジンのみに頼り切った集客だと、何らかの理由で自分のサイトが上位表示されなくなってしまったら集客はアウトになってしまいます。

こういった事態の対策として、集客の間口を広げるためにSNSを使うという選択肢があるということです。

メインサイトの作り込みによる集客に加えてSNSでの集客も行っていくことで集客の間口を広げる。これがネットビジネスでSNSを活用すべき1つの考え方だと私は思います。

あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

メルマガやメンバーズサイトでは

  • 自由なライフスタイルを実現するための具体的な方法
  • 理想を現実にするための思考法・マインドセット
  • より成果を出すための作業のマネジメント

などなど、自由なライフスタイルを実現するための様々な情報を発信していきます。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。

あなたが理想のライフスタイルを実現できるように私も頑張って情報を発信していきます!