身近で使われるコピーライティング

こんにちは、あらやんです。

今回は、身近で使われるコピーライティングというテーマでお話をしていきます。

たまたま最近体験した出来事で、これってコピーライティングスキル使ってるよねと思った出来事があったので紹介したいと思います。

 

子供の習い事

私事ではありますが、(この記事を書いている時点で)しばらく前からうちの息子が初の習い事を始めました。

うちの息子はやんちゃで、特に土日は幼稚園がなくて体力を持て余してしまうので始めた習い事ですが、とても楽しそうに行っているとの事なので行かせてよかったなと思っています。

ある日、その習い事に行った際にある広告を貰って帰ってきました。

その広告には以下の様な内容が書かれていました。

  • 習い事のメンバーで特別な練習会を行う
  • 練習会を行うことで短期間でレベルアップが目指せる
  • 練習会ついでにお楽しみ会も行う
  • 費用(どう見ても割高)
  • 限定先着30名 定員に達したら募集を終了する

時期的にはちょうどクリスマス前なので、みんなで特別な練習会を頑張って最後にクリスマス会をするという催しです。

パッと見で気になるのはその金額です。クリスマス会がついているとはいえ、子供の習い事の練習会としては私は割高に感じる金額でした。

そして最後に書かれた限定先着30名の一文…これはコピーライティングスキルだ!と家のリビングでしみじみと感じ入っていました。

 

よく使われれるけれども効果的

この「限定〇〇名」とか、「〇〇日限定」みたいな文句はネットビジネスをしているとよく見かけると思います。

情報教材のランディングページに書かれたセールスレターを読むと大体こういったことが書かれていますよね。

この教材は本来20万円はしてもおかしくないほどの内容ですし、実際に私が数百万という額を費やして得た学びを凝縮したものになっているのでそれを考えると30万はしてもいいくらいです。

ですができるだけ多くの人に見てもらいたい、多くの人に学んでもらって一人でも多くの人に成果を挙げてもらいたい。そんな思いから、今回この教材を2万円で販売することに決めました。

ですがいつまでもこの価格で提供できる訳ではありません。あと〇〇日したら値上げをさせて頂こうと思っています。

この価格で提供できるのはあと〇〇日だけです。

こんなセールスレター見たことないですか。典型的でよく使われるけれども効果的な手法ですよね。

あなたの身の回りでもこういったコピーライティングが使われている事例はたくさんあると思います。意識して情報に触れているとそれだけでも学びになりますよ。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?