GDTの法則を学んで読者さんの感情を刺激する

こんにちは、あらやんです。

今回は、GDTの法則を学んで読者さんの感情を刺激する方法について書いていきます。

あなたはGDTの法則って聞いたことがありますか。おそらくコピーライティングを学んだことのある人でないと聞いたことないと思います。

このGDTの法則を学んで、読者さんの感情を刺激する文章が書けるようになっていきましょう。

 

GDTの法則とは

GDTの法則(別名:3×3ヘッドラインルール)とは世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライターであるマイケル・フォーティン氏が提唱した法則です。

この法則では人間の持つ欲求を3つのレベルに分け、それぞれを更に3つに分けた計9つの欲求に分類しています。この9つの欲求を必要に応じて刺激することでより読者さんの反応をとれるコピーになります。

それではこれから9つの欲求を紹介していきますね。

 

9つの欲求

人間の持つ欲求はまず3つのレベルに分けられます。その3つとは、

  1. Goal:目標
  2. Desire:欲望
  3. Teaser:本性

この3つです。この3つを更にそれぞれ3つに分類し、計9つの欲求になります。

 

欲求のレベルその1
Goal:目標

  • Save Time:時間をかけたくない
  • Save Effort:努力をしたくない
  • Save Money:お金をかけたくない

例えば…

毎日〇〇分聞くだけで英語が話せるようになります。

特別な運動をしなくてもこれさえ使えば痩せることができます。

 

欲求のレベルその2
Desire:欲望

  • Greed:富や名誉、強欲
  • Lust:愛や性欲
  • Comfort:快適、悩みや苦痛の無い状態

例えば…

この方法を学んで実践すれば、時間に縛られた生活から解放されます。

あなたも値段を気にせずに買い物をできる人たちに仲間入りしませんか?

 

欲求のレベルその3
Teaser:本性

  • Scarcity:希少性
  • Curiousty:好奇心
  • Controversy:反社会性

例えば…

この教材を購入できるのは明日までです。

この情報を知ってしまったら、あなたは今までの生活には戻れません。

 

GDTの法則の使い方

上記の9つの欲求をより多く文章の中に散りばめることでより読者さんの反応をとれる文章にすることができます。

人間の欲求のレベルは、

Goal<Desire<Teaser

となっています。人間は目標達成よりも欲望を満たしたい、欲望を満たすことよりも本性(動物的、原始的な欲求)を満たしたいという欲求を本能的に持っています。

このことから、DesireやTeaserを刺激するコピーを使った方が読者さんの反応もより多くとれるということになります。

ただ注意点としては、特にTeaserの部分を刺激するコピーは多く使うと胡散臭くなります。もしかしたら経験があるかもしれませんが、メールボックスに毎日のように「あと〇〇日で終了します」みたいな件名のメールが何通も来たら胡散臭いですしこのメールの送信元に対する信頼はどんどんなくなっていきますよね。

GDTの法則は使いどころが大事です。適材適所で欲求を刺激できるように、どの部分を刺激するコピーを書くのか意識するようにしましょうね。

あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

メルマガやメンバーズサイトでは

  • 自由なライフスタイルを実現するための具体的な方法
  • 理想を現実にするための思考法・マインドセット
  • より成果を出すための作業のマネジメント

などなど、自由なライフスタイルを実現するための様々な情報を発信していきます。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。

あなたが理想のライフスタイルを実現できるように私も頑張って情報を発信していきます!