伝えたいことをお客さんに浸透させるために必要な1つの方法

こんにちは、あらやんです。

今回は、伝えたいことをお客さんに浸透させるために必要な1つの方法についてお話をしていきます。

これからお話することはネットビジネスに限らず直接的な対人でのコミュニケーションでも言われていることです。むしろ私は対人での方法としてこれからお話することを学んだのですが、コピーライティングの分野でも言われていることなのでネットビジネスをする上で役立つと思います。

ぜひこの記事を参考にして発信内容に活かしてみて下さいね。

 

私の実体験|一度言っただけでは通用しない?

社会人経験があって組織の中にいる人は誰もが経験したことのあるコミュニケーション上の問題があります。それは、

「言ったのに伝わっていない」

ということです。

部下に出した指示に対する報告がないのでこちらから確認してみると、「いや、そんなこと言われてないです」と言われてしまう。部下に限らずこういった経験ありませんか?私は何度もあります(笑)

ただこれは話を聞いていなかった方が悪いのかというとそんなことはないんですね。よくコミュニケーションにおいては「伝え方が8割、伝わっていないのは伝え方が悪いから」と言います。

振り返ってみると、私の悪い癖ですが一度伝えたらそれで相手は分かっているだろうと思っていまい、改めて指示を出したり確認をしたりしなかったんですね。これでは伝わりません。「いやいや言ったじゃん」は通用しないんです。

ではどうしたら良かったのかというと、同じことを手を変え品を変え何度も繰り返し伝える必要があったんですね。

自分の経験を振り返ってみると、私がお世話になった会社の社長は自分が確実に伝えたい重要な事柄は何度も何度もしつこいくらい伝えていました。朝礼で伝え、たまたま顔を合わせた時に伝え、会議で伝え、ミーティングで伝え、文章でも伝えていました。

確かにそういった事柄は今でも自分の中に落とし込まれています。

 

ネットビジネスでも同じことが言える

先ほど書いた私の実体験はネットビジネスでも同じことが言えます。

ネットビジネスの場合、あなたが伝えたいことを伝えるための媒体はブログやメルマガ、SNSになると思いますが、こういった媒体の情報はあなたが思っている以上に読者さんは読んでいません。

これはイメージでなんとなく分かっていただけると思うのですが、パソコンの画面に表示された文章は直接顔を合わせて言われた言葉より印象に残らないと思いませんか?

ですから直接顔を合わせて伝える場合以上に繰り返し繰り返し伝えていく必要があります。時には表現や言い回しを変え、同じ意図の情報を伝え続けていきましょう。

人間が一つのことを脳にインプットするための最善の方法は「間を置いた反復」だと言われています。一度伝えて終了ではなく、根気強く手を変え品を変え伝えたいことを伝え続けていくことが大切です。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?