1対5の法則の意味とは?既存顧客を大切にする理由を知る

こんにちは、あらやんです。

今回は1対5の法則の意味とは?既存顧客を大切にする理由を知るというテーマでお話をしていきます。

集客に関する記事で新規顧客の獲得や既存顧客のリピーター化の話をしましたが、今回はマーケティング的な目線で既存顧客を大切にする理由について説明をしていきます。

小売業やサービス業では「目の前にいるお客様を大切にしなさい」ということがよく言われます。売上を上げるためには新規顧客の獲得は重要な要素ですが、それにばかりに目が行って目の前のお客さんがそっちのけになってしまっては元も子もありません。

ぜひこの記事を通して、今あなたのブログを訪れてくれている読者さんの大切さを感じて頂ければと思います。

 

1対5の法則

1対5の法則とは、既存顧客を維持するためのエネルギーや経費を1とするならば新規顧客を獲得するためにかかるエネルギーや経費はその5倍かかるということを示したマーケティング用語です。

既存顧客というのはネットビジネスで言うならば既にあなたのブログやメルマガから商品を購入したことのあるお客さんですね。メルマガに登録してくれている人も既存顧客予備軍(見込み顧客)なので今後の努力次第ではありますが既存顧客に近い存在です。

こういった人は既にあなたを何らかの形で価値あるものとみなしてくれています。つまりあなたをブランドであると感じてくれているので今後の関わり次第ではリピーターやファンになってくれる可能性がありますね。

これに対して新規顧客はメインブログのコンテンツの作り込みやSEO対策、またSNSの活用など様々な努力や膨大な時間の上で初めて獲得できるものです。

これはネットビジネス、特に情報発信に取り組んでいる方なら体感的にお分かりいただけるんじゃないかなと思います。

ただこれだけのエネルギーや経費をかけたとしても新規顧客の獲得は絶対に必要な事なので、既存顧客へのフォローも怠らずに新規顧客の獲得を行っていかなければなりません。このバランスが重要ですね。

 

既存顧客を大切にする理由

ここまでの説明でお分かりいただけたかもしれませんが、既存顧客を大切にする理由はあなたが安定して売上を上げていくためにはこの既存顧客を大切にしなければ膨大なエネルギーや経費が必要になってしまうからです。

あなたのエネルギーや時間は限られていますから、常に5倍のエネルギーを使い続けて新規顧客の獲得を行うのは至難の業ですね。

あとは単純に「売上」とか「経費」とか数字的な部分だけではなく、せっかく自分のことをブランドに感じ、自分のブログやメルマガを読んで商品まで買ってくれたお客さんは大切にしたいと思うのが人情じゃないですか。

特にこれからは女性性の時代と言われています。女性性の時代では人との繋がりやコミュニティといったものが重要視されますから既存顧客のリピーター化、ファン化を目指して関わりを持ち、コミュニティを創っていくというのは重要な事ではないかなと私は思います。


あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。