計画的偶発性を引き寄せる

こんにちは、あらやんです。

今回は計画的偶発性を引き寄せるというテーマでお話をしていきます。

あなたの今までの人生を振り返ってみて欲しいのですが、全て自分が計画した通りになっていると胸を張って言えるでしょうか。

おそらく多くの人は自分の将来像を思い描き、そこへ向けて行動していく中で良い意味での「たまたま」や「偶然」が組み合わさって現在の自分のキャリアが形作られてきたのではないかと思います。

それらは計画的偶発性と関わっているのですが、今回はそういったお話をしていきますね。

 

計画的偶発性理論とは

あなたは計画的偶発性理論というものをご存知でしょうか。

計画された偶発性理論(英語: Planned Happenstance Theory)とは、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が提案したキャリア論に関する考え方。

個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこうという考え方。

引用元:Wikipedia 「計画的偶発性理論」より

上記引用の通り、冒頭部分でも書きましたが多くの場合自分のキャリアは全て自分で計画した通りに形作られるのではなく、予想しない偶発的なことが組み合わさって出来ています。

これを上手く活用していこうというのが計画的偶発性理論ですね。

 

計画的偶発性を実践しやすい人の特徴

ジョン・D・クランボルツ教授によると、計画的偶発性を実践しやすい人は以下の5つの特徴を持っているそうです。それは、

  1. 好奇心:新しいことへのアンテナを張り巡らせ、いつも成長意欲を持っている。
  2. 持続性:興味を持って取り組み始めたことはコツコツと継続することができる。
  3. 柔軟性:既成概念や先入観にとらわれず、様々な視点から物事を見ることができる。
  4. 楽観性:きっと上手くいくというポジティブ思考を持っている。
  5. 冒険心:成功へ向けてリスクを取ることができる。

この5つです。

あなたはこの5つのうち、どれだけの要素を持っているでしょうか。

 

計画的偶発性を活用するには

ここまでの説明で気が付かれた方もいるかもしれませんが、私が言うには二つ大きなポイントがあります。

ポイントの一つ目は、「起こる出来事はコントロールできないけれど、起こった出来事からどんな意味を引き出すかはコントロールできる」ということです。なんとなく分かっていただけるでしょうか。

例えると、あなたが川の中州にいて上流を見つめていたとします。上流からは木の枝や木の葉、ゴミなどが流されてきます。

あなたは川の上流から何が流れてくるかをコントロールすることは出来ませんよね。ですが、流れてくる様々なものの中から何をキャッチするかは自分でコントロールすることができます。

上流からはゴミしか流れてこないと思っている人にはゴミしかキャッチできませんが、何か役立つものが流れてくるかもしれないと思っている人はそれらを見つけてキャッチできます。そしてそれらを見つけられるかどうかが先ほど説明した計画的偶発性を実践しやすい人の5項目になると思います。

ポイントの二つ目は、いざ自分にチャンスが回ってきたときにチャンスをしっかりとつかめるように、日頃から学び成長することが欠かせないということです。

いくらキャリアが偶発的なものの組み合わせで起こると言っても、それをただ茫然と待っていたのでは上手くいきません。

先ほどの例で言えば、役に立つものが上流から流れてきたとしても、川の中に入ってそれを自分の下へ手繰り寄せる腕力や足腰がなければしっかりとキャッチすることは出来ません。

ですから日頃から学び続けることが大事になると私は思います。

ぜひ計画的偶発性を実践しやすい人の5項目を押さえ、偶然を引き寄せて成功へ向けて一歩ずつ近づいていきましょう。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?