子育てパパが子育てをおもしろいと感じられるようになるための2つの考え方

どうも、あらやんです。

今回は子育てパパが子育てをおもしろいと感じられるようになるための2つの考え方についてお話をしていきます。

ちょっとビジネスの話から離れまして、子育ての話をしていきます。私にとって子育てというのはとても重要な要素を占めています。私は自分の子供はもちろんのこと、子供が大好きで、子供と遊ぶ時間、子供と食卓を囲む時間、子供と一緒に寝る時間、その他諸々の子供と過ごす時間を非常に大事にしています。

ネットビジネスの世界に足を踏み入れたきっかけの一つに「子供と一緒に過ごす時間を確保する」ということがあります。それくらい子供と過ごす時間は私にとっても、おそらく子供にとっても重要な時間だと思っています。

ただ子育てに参加しているパパにとって、子育てというのはいつもおもしろいものかと言うとそうではないという人もいると思います。もちろん一人の人間を育て上げていくことに「おもしろいかどうか」は関係ないかもしれません。大人として、親として子育てをしっかりとしていく責任があります。そういった意味ではいつも子供と一緒にいて身の回りの世話を全てしてあげる世の中のママたちは本当にすごいと思います。尊敬します。

ですが、子供と接する時の自分の心構えや考え方を少し変えてあげると子育てにおもしろさを見出すことができると私は思います。子供と過ごす時間はおもしろい方がお互いにとっていいことだと思いますしね。これがきっかけになって子育てに今以上に参加してくれるパパが現れてくれればうれしく思います。

 

子供と同じ目線で楽しんでみる

子育てをおもしろいと感じられるようになるための考え方その1は「子供と同じ目線で楽しんでみる」ということです。

これはどういうことかと言うと、「親として子供を遊ばせる」という視点ではなく「一緒に楽しむ」という視点で子供と接するということです。

例えば、

  • 乳児期の子供なら、絵本を読んであげる時はただ読むんじゃなくて自分も絵本の内容を楽しみながら読んであげる。
  • 幼児期の子供なら、子供の遊びに交じってみる。一緒に砂場遊びや氷鬼をしてみる。
  • 小学生くらいになったら、一緒にサッカーしたりキャッチボールしたりキャンプをしたりして楽しむ。

などなど。

要は、監督者として子供と距離を置いて接するのではなく、自ら子供の世界に飛び込んでみるということです。実際私も幼稚園で子供たちに交じって氷鬼をしたりします。自分もおもしろいし子供たちからも好評です。

パパたちが監督者として子供と接すると子供との触れ合いがちょっと作業的になりがちです。作業的になると「疲れているんだから絵本読みたくない」とか「休みの日にずっと子供の相手をするのは疲れる」みたいになりがちですよね。

気持ちは私もよく分かるのですが、思い切って子供たちの中に飛び込んでみましょう。自分も子供も一緒に楽しめていいですよ。

 

子供と一緒に新しいことを学んでみる

子育てをおもしろいと感じられるようになるための考え方その2は「子供と一緒に新しいことを学んでみる」ということです。

子供って本当に色んなことに興味津々です。もちろん子供の性格にもよるのでしょうが、ほとんどの子が大人よりも強い知的好奇心を持っているように感じます。

ある程度の年齢になると、子供は疑問に思ったことはなんでも「なんで?」「どうして?」「これどうなってるの?」という質問をするようになります。お子さんをお持ちの方は経験したことがある「なんでなんで攻撃」ですね(笑)。

仕事でお疲れのパパはこのなんでなんで攻撃が苦手の方が多いように思います。なんで?ときかれても「なんでって、これはこういう風になってんだよ」で終了みたいな感じですね。だいたいこういった答えをすると別のなんでなんで攻撃を誘発して、結局パパはイライラするパターンになります。

そこでちょっと思考を変えて、なんでそうなっているのか自分も一緒に学んでみるというマインドを持ってみるのはいかがでしょうか。

今の世の中、疑問があればスマホでGoogle先生に聞けばほとんどのことは教えてくれますから調べてみて一緒に知識を広げていけば良いんですよ。私の場合は子供と接してきたおかげで、

  • 電車・新幹線の種類や名前、運行区間
  • 恐竜
  • 人体の機能
  • 昆虫
  • 古代文明
  • ウルトラマン
  • LED栽培の野菜

などなど、他にも挙げればきりがないですが色々な分野の知識を学ぶことができました。私は結構知的好奇心が強い方なので何事も知識が広がるのはとてもおもしろいと感じるのですがあなたはいかがでしょうか。

 

子供と一緒に成長していく

今回は子育てパパが子育てをおもしろいと感じられるようになるための2つの考え方として、

  1. 子供と同じ目線で楽しんでみる
  2. 子供と一緒に新しいことを学んでみる

ということを紹介しました。この2つのことをまとめると「子供と同じ時間を過ごし、一緒に成長していく」ということだと思います。

監督者としての親と子供という距離感ではなくて、もっと距離を詰めて子供と接していく。そしてそれを通して一緒に色んなことを経験し、色んなことを学んで成長してくという付き合い方って結構いいんじゃないかなと私は思います。こういった子供との接し方ってパパだからこそできる部分もあると思うんですよね。

もちろんこれは私の個人的な意見ですし、私は子供の教育の専門家ではありませんから私の考えには科学的な根拠もなければ結果的にいい子に育つという保証もありません。

ただ、私はこの記事で紹介した子供との接し方をしてきて子育てっておもしろいなって思いますし、子供もパパ大好きと言ってくれます。

この記事を通して子育てにおもしろさを見出してくれるパパが増え、それによって子供と接する時間が増え、子育てママの負担が少しでも減ってくれたら嬉しいです。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?