【STORK(ストーク)】Googleアナリティクスの導入方法

どうも、あらやんです。

今回はWordPress用テーマ「STORK(ストーク)」でGoogleアナリティクスを導入する方法を説明します。

Googleが無償で提供しているアクセス解析ツールであるアナリティクスは非常に便利なツールであり、必須のツールです。

アナリティクスそのものの説明や導入方法は別の記事で説明するとして、今回はSTORK(ストーク)への導入方法を説明します。アナリティクスを導入するには二通りの方法があるのでそれぞれ説明していきますね。

 

一般的な方法

ストークへの導入方法その1は一般的な方法で、ストークの子テーマのテーマヘッダー(header.php)ファイルにアナリティクスのトラッキングコードを貼り付ける方法です。

まずはアナリティクスにアクセスし、画面左下にある「管理」をクリックしましょう。

そうすると3つのカラムにそれぞれアカウント、プロパティ、ビューという項目が書かれた画面になるので、プロパティの中のトラッキング情報をクリックし、開いた項目の中から「トラッキングコード」をクリックします。

開いた画面を下にスクロールしていくと「グローバルサイトタグ」という項目があり、その下にトラッキングコードが表示されているはずなのでそれをコピーしましょう。

次にWordPressを開き、ダッシュボード画面左にある「外観」より「テーマの編集」をクリックして下さい。そうするとテーマの編集画面が開くので右側からテーマヘッダー(header.php)を選択し、<head>という文字のすぐ下に先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けましょう。

これでファイルを更新すれば完了です。この方法はテーマがストークでなくても使える方法なのでもし別のテーマに変更することがあればこの方法でアナリティクスを導入しましょう。

 

ストーク独自の方法(とっても簡単)

ストークをお使いの場合はもっと簡単にアナリティクスを導入することができます。

まずはアナリティクスにアクセスし、先ほどと同じ方法で「管理」→「トラッキングコード」と進んでいきましょう。先ほどはトラッキングコードをコピーしましたが、今回はトラッキングIDをコピーします。トラッキングIDはトラッキングコードが表示されているページを開けばすぐ目に付く場所に書かれているので分かると思います。

「UA」から始まる数列がトラッキングIDです。これをコピーしましょう。次にWordPressを開き、「外観」→「カスタマイズ」から「アクセス解析コード」をクリックします。

そうすると「GoogleAnalytics」という項目があるのでその下に先ほどコピーしたトラッキングIDを貼り付けましょう。

コピー後、上部の「公開」をクリックすれば完了です。簡単ですね。

これでアナリティクスの導入は完了です。お疲れ様でした。

カスタマイズ記事まとめ

他のSTORK(ストーク)カスタマイズ記事をお探しの方はこちらからどうぞ


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?