ブログでの集客にはたくさん記事が必要な理由をもう少し詳しく説明します(根拠付き)

どうも、あらやんです。

今回はブログでの集客にはたくさん記事が必要な理由を根拠付きでもう少し詳しく説明します。

以前からブログで集客をするためには圧倒的な記事の質と量が必要ですよというお話をしてきました。覚えてますか?もしまだその記事を読んでいない場合は先にこちらをどうぞ。

ブログで集客ができない人に共通する1つのポイント|集客のために最低限やらないといけないこと

2018.02.19

上で紹介した記事では圧倒的な記事の質と量が必要な理由をいくつか説明していますが、今回は「量」という所に絞って説明していきます。

 

圧倒的な記事の質と量が必要な理由(振り返り)

まずは振り返りをしましょう。先ほど紹介した記事では、圧倒的な記事の質と量が必要な理由として

  1. お客さんの役に立つ(悩みを解決する)ためには当然質の高いコンテンツが必要
  2. 質の高いコンテンツを大量に幅広く用意することでお客さんからの信頼度が高まる(ブランディングにつながる)
  3. 圧倒的な量を揃えるうちに自然と質が高まる
  4. 記事を大量に用意することでお客さんのニーズに合った情報を提供できる可能性が高まる
  5. 記事を幅広く用意することでお客さんはどんな記事に関心を持つのかを知ることができる
  6. ブログのボリュームが出ることでGoogleからの評価が高まる

この6項目を挙げました。

この中から今回は「4.記事を大量に用意することでお客さんのニーズに合った情報を提供できる可能性が高まる」というポイントに関してもう少し詳しく説明していきます。

 

商品たくさんあった方が欲しい商品見つけやすいよね

「記事を大量に用意することでお客さんのニーズに合った情報を提供できる可能性が高まる」とはどういうことか、補足説明します。

例えば、もしあなたが欲しいお菓子があって買いに行こうと思った時どこに行きますかね。ちなみに欲しいお菓子っていうのはお菓子なら何でも良いということではなくて、目当てのお菓子があるということです。

おそらくそのお菓子が売っていそうなお店に行こうと思うはずです。しかも目当てのお菓子を絶対に手に入れたいとしたら品揃えが限られているコンビニではなくて、たくさん品揃えがあるスーパーに行くはずです。

絶対に欲しいお菓子があるなら、売ってない可能性があるコンビニよりも絶対にあるスーパーに行きますもんね。

「記事を大量に用意することでお客さんのニーズに合った情報を提供できる可能性が高まる」とはこういう意味だと思って下さい。たくさん情報を用意することでお客さんのニーズをキャッチすることが出来ます。

しかもブログはスーパーと違い、こちらから「その商品(情報)うちなら取り扱ってるよ!」と発信することができます。実際にはお客さんはGoogle等の検索エンジンで知りたい情報を検索しますから、欲しい情報について書いた記事が上位表示されていればこちらからアピールすることができます。

 

パレートとロングテールって知ってますか?

さて、これから先の話を進める前に予備知識としてパレートとロングテールの説明をしていきます。そんなん知ってるわ!という方は飛ばしてもらってOKです。

詳しく覚える必要は無いのでざっくりと簡単に説明しますね。

 

パレートの法則

パレートの法則というのは簡単に説明すると、ビジネスで言うなら2割のお客さんが全体の8割の売上を作っているという法則です。80対20の法則とか呼んだりもするみたいですね。

ここで重要なのは80対20という数字ではなくて、全体の数字の大部分は一部が生み出しているということで、バラつきがあるということです。

 

ロングテールの法則

ロングテールの法則はよくパレートの法則と対になって語られる場合があります。ロングテールの法則はパレートの法則と異なり、そこまで人気のない商品でも多数集まれば積もり積もって大きな売り上げの割合を占めるようになるという考え方です。

これは特にネット通販(amazon等)の出現によって語られるようになった考え方です。実店舗では売り場面積に限りがあるので、当然ながら売れる商品をより売れるようにした方が効果効率が高いですが、ネット通販では売り場面積という概念はないのでいくらでも取扱商品を増やすことができます(当然在庫管理は難しいでしょうが)。

 

本題:ブログでの集客は?(根拠付き)

予備知識を身につけたところで本題に入りましょう。

私が言うにはブログで集客をするためにはたくさん記事を書く必要があって、その理由は「記事を大量に用意することでお客さんのニーズに合った情報を提供できる可能性が高まる」からです。

で、実際はどうなのよという話になると思います。下の画像を見て下さい。

これが何かというと、私のブログの記事毎のPVの割合を円グラフで表したものです。

青い部分が一番PV数の多い記事で、全体の9.5%を占めています。他の色付きの部分が2位~10位で、グレーの部分が11位以下の記事の合計です。

ということは、11位以下の記事の合計が65.9%を占めているということですね。まさにロングテールです。このことから何が言えるかというと、集客の役目を最も果たしているのは11位以下の記事たちだったということですね。

 

でもね、効率の面から考えると…

この結果だけから考えると集客のためにはひたすら記事を書き続けないといけないのかと思うかもしれません。でも、当然11位以下には全然読まれていない記事もあるはずですし、記事数と成果が比例するかと言われるとそうとも限りません。

よく一気にアクセスが集まることを「バズる」とか言いますが、もし記事数が少なくてもバズる記事が書けるのなら大量の記事は必要ないかもしれません。

ですから「とりあえず書き続けてさえいれば絶対に集客できる」という考えはちょっと違います。集客のためにはたくさん記事を書く必要があるけど、たくさん記事を書き続けているだけではダメだという、ちょっと難しい話ですよね。どっちやねん!という感じで。

 

大切なのは分析して傾向をつかむこと

では何をしていったらいいのかと言うと、大量に記事を書く中で比較的反応のとれた記事を分析し、どんな記事なら反応が取れるのかという傾向をつかむことだと思います。

反応が取れる記事の傾向がつかめれば、それに関連する記事を量産したり、同じカテゴリーの記事を量産すればその中から反応の良い記事が現れるかもしれませんからね。11位以下の記事の中から反応の良い記事を上位に引き上げてあげるイメージです。

 

まとめ

今回の記事では、ブログでの集客にはたくさん記事が必要な理由を根拠付きでもう少し詳しく説明しました。

実際に全体のアクセスの割合を見ると、上位の記事よりも下位の記事の合計の方が多くの割合を占めていました(ロングテール)。

このことからも、ある程度記事数を揃えた方がよりお客さんのニーズにマッチした情報を提供できると言えると思います。

ただ、集客のためにはただ記事数を増やし続ければいいのかと言うとそうではないですね。記事数を増やし、お客さんの反応を見て、反応の取れる記事にはどんな傾向があるのかを分析することでよりアクセスを集められる記事が書けるようになってくると思います。

 

あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

メルマガやメンバーズサイトでは

  • 自由なライフスタイルを実現するための具体的な方法
  • 理想を現実にするための思考法・マインドセット
  • より成果を出すための作業のマネジメント

などなど、自由なライフスタイルを実現するための様々な情報を発信していきます。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。

あなたが理想のライフスタイルを実現できるように私も頑張って情報を発信していきます!