副業パパに捧ぐ子供の妨害から作業時間を確保する3つの方法【一人もんには分かるまい…】

どうも、あらやんです。

自己紹介にも書いている様に、私あらやんは子持ちです。息子二人です。この記事を書いている時点では5歳の兄と3歳の弟がいます。

もうね、子供って最高に可愛いですよ。可愛いとしか言いようがない。天使ですよ。

ただね、自宅で仕事をすることが多い私にとって、時にこの天使たちがお父ちゃんに牙をむきます。一体何のことかと言うと、これから「よしっ!やるかっ!!」というタイミングで

あらやんJr.兄
お父ちゃん!工作しよ~~~!!
あらやんJr.弟
しよ~~~!!
あらやんJr.兄
忍者の刀作って~~~!!
あらやんJr.弟
僕の分も~~~!!

気が付くと1時間経っている…あちゃーということが起こります。

これは専業でやっている人ならまだしも、副業で限られた時間を作業に充てている人にはかなりの大打撃になるはず。

ということで、今回は副業パパに捧ぐ私が実践してきた子供の妨害から作業時間を確保する3つの方法を教えます。子供は可愛い!でも作業もしたい!そんなあなたに捧げます。

 

方法その1:作業時間をずらす

かつては私も色々と試行錯誤してきましたが、一番簡単なのは「作業時間をずらす」という方法。

子供が活動していない時間帯、具体的にはお昼寝タイムや夜寝ている時間は作業をして、そうでない時間帯は子供と遊ぶという方法です。

これなら子供とも遊べるし作業時間も確保できるという理想的な方法…ですが、最大のデメリット労働時間の長い職場で働いている方はそもそもそんなに時間を確保できないということです。そういう人がこの方法を強行すると、最終的には「そうだ!睡眠時間を削ればいいんだ!」という考えにたどり着きます。これは私も経験がありますが、ヤバいっすね(笑)。仕事中寝ます。

私はサラリーマン時代はそんなに時間を確保できない環境だったので、休みの日だけこのパターンで作業をしていました。

 

方法その2:遊ぶ時間と作業時間をはっきりと分ける

先日ツイッターでこんなつぶやきをしました。


今回の場合で言う「1か0か」というのは、 「子供と遊ぶか遊ばないか」ということです。遊ぶと作業はできないし、遊ばないと心が痛む…じゃあ、これだけ遊んで、終わったら残りを作業に充てよう!という「1と0の間」的な考え方をしてみませんかということです。

良くやっていたのは、工作したいと言われたら「これ(簡単なもの)なら作れるけど、これ(難しそうなもの)はちょっと今日は作れないから休みの日にしようね」というお約束をして納得してもらい、残りは作業時間に充てていました。

 

方法その3:そもそも姿を見せない

なんかすごい消極的な方法に見えなくもないですが、方法その3は「そもそも姿を見せない」ということです。

どういうことかと言うと、仕事する→家に帰ってくる→家で作業をするだと姿を見られてしまい、遊ぼう遊ぼう!となってしまうので、仕事する→仕事帰りにカフェやマクドナルドにでも寄って作業する→家に帰るというパターンにしてみるというのもアリですよね。

このパターンだと仕事から帰ってくる時間が遅くなるので奥様のご理解とご協力が重要になってきます。しっかりと奥様とコミュニケーションとってくださいね!

 

最後に

副業パパに捧ぐ子供の妨害から作業時間を確保する方法を3つ紹介しました。それは、

  1. 作業時間をずらす
  2. 遊ぶ時間と作業時間を分ける
  3. そもそも姿を見せない

この3つです。

これらは方法を参考に、あなたに合った仕事と副業の生活パターンを見つけ出して下さいね!

最後に一つ、私は「大切な人とニコニコ笑顔で暮らす自由なライフスタイルを実現するお手伝い」をしています。その立場から言うと、「副業ばっかりしていて収入は確かに増えたけど、家族のコミュニケーションは減ったな」っていう状況はちょっと私の理想とは違うかなと思っています。

子供は幼少期の環境がこれからの人生に大きく影響を与えると言われていますから、時にはしっかりと遊んであげて、時にはがっつり副業に取り組む。そんなメリハリが必要かなと思います。副業パパ!頑張ってくださいね!


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?