情報発信は継続可能なビジネスであるという事実

こんにちは、あらやんです。

今回は情報発信が継続可能なビジネスであるという事実に関して書いてみようと思います。

情報発信を行いつつもビジネスとして続けていけるのかどうか不安に思っている人は参考にしてみて下さい。

 

この業界ってすぐに飽和しないの?

 

情報発信で収益をあげるために既に実績を出している方のブログを見ると、月収100万だの1000万だの実績をアピールしているのをよく見かけると思います。

さらに実績を出している方でコンサルタント業をされている方だと、コンサル生が月収100万達成しました!みたいなアピールをしているのも見たことがあると思います。

かつての私もそういった実績を持っている方のブログを見ながら、すごいなー、こうなりたいなーと思っていましたが、ふとこんなことを思ったりもしていました。

それは、

「こんなに月収100万稼ぐ人がいたら、この業界ってすぐ飽和して稼げなくなっちゃうんじゃないの?」

ということです。

皆さんもこんなことを感じたことはありませんか。私は良く感じていました。

この業界のことを学んでいくと、そんなことはないということに気付くのですが不安に感じている方もいると思うのでその理由をいくつかあげていきます。

 

ネット人口からの見た考察

 

総務省によると、2015年末のインターネット利用者数は1億46万人だそうです。

あなたが月収100万円を稼ぐとすると単純計算で年収1200万円になります。

もしもあなたが今後、質・量ともに圧倒的なコンテンツを提供し、インターネット人口1億46万人のうち120人(0.00012%)のファンを獲得できたとします。

その120人のファンから年間で1人当たり10万円の売上を頂くことができれば達成できる計算です。この数字をどうとらえますか?

少ないパイを奪い合って稼げなくなる、という事態は業界全体で見たらそうそう起こらないのではないでしょうか。

決して簡単にできるとは言いませんが、今からサラリーマンとして1200万円の年収を得られるようになることと比べたら現実的だと私は思うのですがいかがでしょうか。

 

情報の需要から見た考察

 

情報発信でのテーマ設定は悩みが多く、尽きないものを選ぶケースが多いと思います。

なぜならすぐに解決できてしまうようなテーマにはそれほど需要が集まらないからです。

よく言われるのは稼ぐ系や恋愛系、美容系などです。これは人間の持つ普遍的な悩みです。

時代が変わっても人の本質はそうそう変わりません。

少なくともこの100年の間で人間のお金に関する悩みが全て解消されるということは起こらないでしょうし、恋愛という人間の本能的な悩みが無くなることはないでしょう。また女性(女性に限らないかもせれませんが)美に対する追及が無くなることもないと思います。

つまり需要が尽きることが無いわけですから、そこではビジネスが成り立つ訳です。

今回は2つの観点から、情報発信が継続可能なビジネスであるという事実について書いてみました。

私が言うには、情報発信は継続可能なビジネスです。皆さんはどう思われたでしょうか。


あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。