三つ子の魂百まで|子育てとネットビジネス

こんにちは、あらやんです。

今回は三つ子の魂百までという諺をテーマに、子育てとネットビジネスの関わりについて私の考えを書いていきます。

 

幼児体験・幼児決断・人生脚本

 

私の家庭の事ですが、私が妻に子育てに関してこれだけは聞いてほしいとお願いしていることがあります。

それは、子供が3歳になるまでは仕事をせず、子供のそばにいてほしいということです。

よく三つ子の魂百までといいます。単に諺として言われているのではなく、最近では科学的にも乳幼児期の教育がその後の人生に大きく関わることが知られているようです。

人は幼児期の体験(幼児体験)を通して、子供のうちに自分自身の生き方の方向性を決め(幼児決断)、自分の人生(人生脚本)をデザインすると言われています。

ですから親は乳幼児期の子供に愛情を持って深く接してほしいと私は思います。深く接することで、もしかしたら良くない親の影響を子供に与えることも時にはあるでしょうが、それよりも問題なのは深く接しないことです。

 

働くお母さんと子供

 

ですが、家庭によっては子供が1歳になる前から子供を保育園に預け、仕事に出るお母さんもいます。

最近知って驚いたんですが、保育園の中には早くて生後2ヵ月から受け入れているところもあるそうです。

この0歳児保育に関して、私は良いとか悪いとかそういうことを言いたいわけではありません。きっとそれぞれのご家庭毎に事情は様々なんだと思います。

それに保育園に預けると言っても仕事が終わったらもちろん親子で過ごすわけですから、子供と深く接することが全くできない訳ではないでしょう。

私と関わりのある企業では、寿退社し、出産した女性社員の職場復帰を非常に奨励していますし、実際に1歳になったらすぐに保育園に子供を預けて職場復帰をされた社員さんもいます。

これは本人が仕事にやりがいや働き甲斐を感じていたり、会社に対してロイヤリティを感じている場合はそれでいいんだと思います。

それが本人の望んでいることですし、それを望んでいる人の家庭に口出しをすることなんてできません。そもそもする気もありません。

お母さんである前に一人の人間です。自分の理想の人生のパーツの中に「やりがいのある仕事」があるのなら、それに取り組むのも重要な事でしょう。

ですが、

お金のために仕方なく…と思っているのなら、私はとても悲しいです。

 

ネットビジネスの可能性

 

今の子供は今しかいません。

時間さえあれば、お金にさえ困らなければもっと子供と過ごす時間を増やせるのに…

もしそうお考えのお母さん、お父さんがいるのなら、私はそういった人たちにとってネットビジネスは可能性を持った仕事だと感じています。

ネットビジネスのメリットの一つに「時間や場所に縛られない」というものがあります。

ネットビジネスは自分にスキルが身につけば、パソコンとインターネット環境があれば取り組むことができます。

これは働くお母さんにとってとてもメリットになりうることではないかなと思います。

お母さんに限らず、お父さんが子育てに参加するという観点でも、それを可能にするための手段になり得ると思います。

実際に私も子供を幼稚園に送って、お迎えまでの間カフェやフードコートなどで仕事を進めることが良くあります。

ネットビジネスについて調べると「楽に稼げる」、「クリック一つで○○万円」なんて情報が出てきたりします。

こういった情報がでてくるとなんだか胡散臭そうに感じてしまいますよね。

ネットビジネスは単にネットを使ったビジネスです。

ビジネスである以上、一朝一夕で継続的にお金が稼げるようになるわけではありません。いろんなことを学んで、実践して、スキルを身につけて成長することでお金が稼げるようになります。

ですからお金が稼げるようになるまでにはある程度の時間がかかります(人それぞれですが…)。

ですが身についたスキルは一生役に立つものになるでしょう。

私はネットビジネスが子育て家庭にとって、とても助けになるものになるのではないかと思っていますし、ネットビジネスに携わる者としてその可能性に期待しています。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?