この仕事もうダメかもしれないと思った時に考えて欲しいたった1つのこと

どうも、あらやんです。

今回はこの仕事もうダメかもしれないと思った時に考えて欲しいたった1つのことについてお話をしていきます。

私は今まで10年以上働いてきた職場に見切りをつけ、本当にやりたいことに取り組んでいます。そこに至るまでには色々なことがありましたが、ある出来事を通して「この仕事もうダメかもしれないな」と感じたのが大きな方向転換を行ったきっかけだったと思います。

ただ、「この仕事もうダメかもしれないな」って感じるのは一時的な事なのかもしれないし、SOSを訴える心の声かもしれません。大きな方向転換をした後で、「今考えたら全然ダメじゃなかった!」なんて状況になったら残念過ぎる…

なので私が思うこの仕事もうダメかもしれないと思った時に考えて欲しいたった1つのことについてこれから説明をしていきますね!

 

やっていて楽しいか

私は仕事というものを考えた時に、「やっていて楽しいか」というのはとても大きな基準になると思っています。この「やっていて楽しいか=本当にやりたいことかどうか」と言うのが今回お伝えしたいの「この仕事もうダメかもしれないと思った時に考えて欲しいたった1つのこと」です。

これは今取り組んでいることに対してだけではなくて、仕事全体を考えた時に楽しいかどうかということです。例えば将来サッカー選手にどうしてもなりたくてサッカーに取り組んでいる時間は本当に楽しくて仕方ない。でも特定の練習だけはきついからつまらないという状況だった時に、「特定の練習だけ」にフォーカスしてつまらないと感じるのではなくて、サッカー全体をとらえた時に楽しいかどうかということです。全体として考えた時には楽しくて仕方がないけど一部分だけをとらえたらつまらない時もあるというのは何にでも言えることですからね。

楽しいかどうかという仕事の判断基準は人によってはあまり良しとしない場合もあります。「仕事と言うのは楽しさを求めるものじゃない!」とか「辛くても仕事なんだからやるべきだ!」とか「お金を稼ぐのに楽しさを求めるのはおかしい!」とかいう人いますよね。とても真面目だと思います。

もちろん仕事観はひとそれぞれ、他人の仕事観に対して良し悪しを言うつもりはないのですが、私が言うには

「たった一度きりの人生、もっと楽しんだ方が良くない?」

と感じてしまいます。

普通にサラリーマンをしていると人生のおよそ1/3を仕事に捧げることになります。人生の1/3を捧げる仕事が楽しい方が良いか辛くてもいいのか、自分の心に正直になって考えてみれば答えは出てくると思うんです。

 

アール・ナイチンゲールの名言

実は私には仕事に対してこういった考え方をするようになったきっかけとなる一言があるんです。それはアメリカの自己啓発作家であり、実業家でもあるアール・ナイチンゲールさんの言葉です。アール・ナイチンゲールさんは自己啓発の分野では結構有名人なんですが、その方が残した言葉にこんな名言があります。

ちょ、ちょっと待ってくれ。

一度きりの人生なのに、自分が本当にしたい仕事をしていないと言うのかい?

とてもシンプルで、そして当時の私の心にグサッと刺さった一言です。

そしてこんな言葉も残しています。

億万長者になるのに特殊な才能はいらない。

最善を尽くすことができるもの、一番楽しめるものを探せばよいのだ。

最善を尽くすことができるもの=一番楽しめるものです。つまり一番楽しめることに本気になって取り組めばだれだって億万長者になれると言っているんです。

誰もが億万長者を目指している訳ではないと思いますが、この「億万長者」という言葉は「幸せ」という言葉にも置き換えられるんじゃないかなと私は思っています。

 

最期を迎えるその時に…

いきなり重い話になりますが、もしあなたが人生を終えるその時に、今までの人生を振り返ってどんなことを感じるでしょうか。

先ほども書きましたが普通にサラリーマンをしていると人生のおよそ1/3を仕事に捧げることになります。人生の1/3と言ったらかなり大きな割合になりますから、この時間が人生に与える影響はとても大きいはずです。きっと人生を振り返った時にどんなことを感じるかはどんな仕事の仕方をしてきたかによって大きく変わってくると思うんです。

もしその時に

「自分が本当にやりたいことに本気で取り組んできた!仕事に対して悔いはない!」

と胸を張って言える状態と、

「あまり仕事にやりがいは無かったけど、きっと自分が頑張ってお金を稼いだおかげで家族を養えたんだよな。きっとこれでよかったんだよな…」

という状態だったらどっちの方が良いでしょうか。少なくとも私は前者です。私が最も恐れていることは死ぬ間際に今までの人生を後悔することなので、たとえ安定した環境を捨てることになったとしても前者を選びます。あなたはどうでしょうか?

 

最後に

ここまで色々なお話をしてきましたが、私がお伝えしたかったことは、

もし今の仕事に「楽しさ」を見出せないとしたら、それは「この仕事もうダメかも」と思ってもいいのでは?

ということです。

別に私は転職したり副業したりすることをおススメしている訳ではないですが、自分の気持ちをごまかし続けながら生きていくのは最終的には後悔に繋がってしまうんじゃないかなと思うので何らかの行動を起こした方が良いと思っています。

さて、あなたは今の仕事に楽しさを見出せているでしょうか?


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?