過去の体験から教える継続力 前編

こんにちは、あらやんです。

今回は過去の体験から教える継続力というテーマでお話をしていきますね。

ネットビジネスを行う上で、継続力は絶対に必要なことです。最初は成果がなかなかでないかもしれませんが、それでも将来的に成果を出すためには圧倒的なコンテンツを作り続けていかなければなりません。

実は私、過去にあることを継続して取り組むことで大きな成果を出した経験があります。その体験から、私が感じた継続力を養うために必要なことを伝えていきますね。

 

100kg→76kg マイナス24kg

 

まず初めに、私が作り出した大きな成果って何だと思いますか?

実はネットビジネスではありません。見出しを見ると察しが付くかもしれませんが、その成果とはダイエットです(笑)。

私は過去に24kgものダイエットに成功したことがあります。自分で言うのもなんですが、すごくないですか?

私はかつてかなりの肥満児で、小学校6年生の時に体重がなんと100kgもありました。写真を見せたいくらいですが、本当にまんまるだったんです。

ですが中学校3年間で大減量に成功しました。

中学3年の、一番しぼっていた時期で身長176cm、体重76kg、体脂肪率9%というかなりいい体を造り上げることができたんです。

これは、あることを継続したことが大きな要因だったと思います。また、この体験をきっかけに継続力が身についたとも感じています。

このブログはダイエットブログではないので、ダイエット方法は紹介する程度ですが、その体験から学んだ継続力について書いていきますね。

 

問題意識を持つ

 

何かを継続するうえで、最初に必要なのが現状に対する問題意識を持つことです。

私の場合は、「自分が小学6年生で体重が100kgもあるデブだ」ということに対する問題意識ですね。これがなければ何も始まりません。

私が小学校の修学旅行に行ったとき、バスの運転手さんに「君いい体してるねー、将来は相撲取りになるの?」と言われたこと。

そして普段は自分のすることに特に口出しをしてこない母親に、中学では吹奏楽部に入りたいと言ったら「痩せるために運動をしなさい」と言われたことが問題意識を持つきっかけになりました。

今自分が直面している問題にしっかりと問題意識を持ち、それを解決したいという欲求を持たないといけません。

 

問題が解決したらどんな良い未来が待っているか妄想する

 

当時を振り返ると、今100kgあるまんまるな自分が痩せることができたらどんな良い未来が訪れるか。それをよく考えていた様に思います。

当時はバドミントンに熱中していたので、もっと強くなれるとか、もっと勝てるとか、他には友達にデブデブと言われなくて済むとか、よく考えていました。

これは、当時は全く知りませんでしたが(小~中学生なので当然ですが)目標達成における手法の一つで「ビジュアリゼーション」というものです。

人は自分が知らないものを得るためにモチベーションを高めることはできません。

例えばあなたが車好きだとして、現在市販されている高級車を買うために仕事のモチベーションを高めることはできるかもしれませんが、あと20年後に発売される形もスペックも全く想像つかない車を買うためにモチベーションを高めることはできませんよね。

ですから自分が望む状態を、まさに今目の前にあるかのように細かいところまではっきりとイメージすることができればそれを得るための行動は継続しやすくなります。

当時はそんなに詳細に自分の姿をイメージしていたわけではありませんが、それでも効果はあったんだと思います。

それでは続きはまた後編でお伝えしたいと思います。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?