世の中のパパたちはもっとママの自由時間を作ってあげて欲しいと思う

どうも、あらやんです。

今回は世の中のパパたちにちょっとした提言をしたいと思います。
それは、

ぜひもっとママの自由時間を作ってあげて!

ということです。

パパたちは普段朝から晩までお仕事頑張っていると思いますし、
頑張っている分疲れも溜まっているとは思います。

それは私自身の経験から言ってもよく分かることなんですが、
毎回でなくてもいいのでぜひもうひと頑張りして
ママの自由時間を作ってあげて欲しいと思うんです。

実はその頑張りはママのためだけではなく、結果として
子供のためや自分のためにもなると思うんですよね。

子供との関係やママとの関係でちょっとした
お悩みのある方はぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

ママは本当に大変だと思う

私には息子が二人いるのですが、
この記事を書いている時点で年長さん(5歳)と
年少さん(3歳)です。

最近特に思うんですが、ママ凄く頑張ってるなって感じるんですよね。
まぁママにしたら「今更かいっ!」て感じかもしれませんが(笑)。

子供たちは知恵がついてきた分パパやママに対して
立派な口ごたえや言い訳をするし、すぐに兄弟喧嘩を始めるし、
ご飯のメニューに文句言うし、幼稚園の行事は多いし。

私は他のパパに比べたら子供と接している時間は長いと思いますが、
それでもママと比べたら短いです。

きっといっつも子供の相手やお世話をしてるママは
本当に大変だろうなと思います。

私が言うには、パパは残念ながらどんなに頑張っても
ママの代わりにはなれないと思うんですよね。

これは良い意味でも悪い意味でもそう思っていて、
単純に「作業分担をママと交換する」という意味では
ママの代わりにはなれるかもしれないですけど、
(例えば主夫になって妻が働きに出る等)

「ママという存在」の代わりにはなれないと思っています。

ですから「子供が求めるママ」はママにしかできないと
思っていますし、「子供が求めるママ」の代わりには
なれないのでパパができるのはお手伝いになると思うんですね。

なので、そういった意味でパパはもっとママを気遣って、
体力的にも精神的にも癒すことのできる時間を確保してあげて
欲しいと思うんです。

だからこその

ぜひもっとママの自由時間を作ってあげて!

という提言なんですね。

 

パパと子供の関係が深まる

Twitterにこんな投稿をしたのですが、

子供二人を連れだしてお出かけしてきました。

もちろん博物館に連れて行くという体験を子供にさせてあげる
ということも大事なことですが、それと同じくらい
子供を連れだしている間は妻が自由にできるということが
大事だと思います。

そして、子供を連れだしている間は子供とパパだけの
時間を過ごすことができるということですね。

普段お仕事が大変で子供との時間をゆっくり過ごすことが
できないというパパはこういった時間を取ることは
子供との関係を深めることにもつながって良いんじゃないですかね。

中にはママ無しで子供の相手をするのはおっくうに感じてしまうパパも
いるかもしれませんが、たまにはそういった時間を作ってみるのも
悪くはないと思いますよ?

 

ママはパパが想像している以上の苦労をしているはず

ここまで書いてきたように、ママが自由にできる時間を作ってあげることは
ママのためにもなるしパパのためにもなる、そして子供のためにもなるはずです。

私自身パパなので、普段お仕事で疲れているパパの気持ちはよく分かります。
時には子供の相手はせずにゆっくりと休んでいたいと思う時もありますよね。

だからいつもでなくてもいいんです。
たまにはそういった時間を作ってあげて欲しいなと。

私はママになることは出来ないので想像でしかないですが、
ママの苦労ってパパが想像している少し上を行っていると思うんです。

なのでパパとしてもママに対して普段の気遣いにプラスαするくらいで丁度いい
と思うんですよね。

ぜひできるところから少しづつで良いので、
たまにはママの自由時間を作ってあげて欲しいと思います。

きっとそれが少しずつ積み重なって家族の信頼につながっていくと思います。
ちょっとずつで良いので取り組んでみませんか?


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?