雇われる生き方と雇われない生き方×人生の選択肢

どうも、あらやんです。

今回は雇われる生き方と雇われない生き方×人生の選択肢というテーマで
お話をしていきますね。

私たちは学生生活を終えると多くの人が何らかの形で仕事に取り組むことになります。

親に養ってもらうという生活を卒業し、自分の力でお金を稼いで
自立して生きていくステージに立つ訳ですね。

仕事に取り組むにあたって大きく分けて2つの生き方があると思います。
それは、

雇われる生き方と雇われない生き方

この2つです。

多くの日本人は学校生活を終えると雇われる生き方を始めます。
就職活動をしてどこかの企業に雇ってもらう訳ですよね。

日本ではそういった生き方が一般的だし、学校教育では
サラリーマンとして生きるのに適した教育をされているとも思います。

ただ、一方で雇われない生き方を実践している人もいます。

今回この記事で伝えたいのは雇われる生き方の良し悪しや、
雇われない生き方の良し悪しではなくて、別の生き方があるということを
知っておくことで人生の選択肢が広がんるんじゃないかなということです。

最近そういった事を感じた出来事があったのでシェアしていきますね。

 

雇われる生き方しか知らないと選択肢が狭まる

私がある職場で働いていた時のことですが、一人の主婦のパートさんがいました。

このパートさんは家計のためにもっとお金を稼ぎたいと思いながらも、
なかなか時間が合わずにシフトに入る時間を増やせずにいたんです。

ある時このパートさんから相談を受けたんですが、その内容は
「もっとお金を稼ぎたいから3:00からシフトに入れないか」ということでした。
(この職場は工場だったので3:00~19:00まで稼働していました。)

残念ながら3:00からだと作業内容的に特別なスキルを持った人でないと
出来ない仕事だったのでシフトに入れませんでしたが、主婦の方で
3:00から働くってかなり大変だと思うんです。

お子さんもいらっしゃる方でしたし、最終的には作業内容の問題と
体力的な問題で3:00からのシフトインは断念されたようでしたが、
かなりの覚悟だと思うんですよね。

これってこのパートさんにとって

今以上にお金を稼ぐ=雇われて働く時間を増やす

という選択肢しかないと思っているからこういった相談をされたんだと思います。

もし仮に雇われなくてもお金を稼ぐことができる、雇われない生き方もあるということを
知っていたとしたら選択肢はもっと増えていたと思うんです。

 

個人でも雇われない生き方を実践できる時代

今の世の中、個人でも雇われない生き方を実践する人が出てきています。
例えばYouTuberやブロガー、ネットビジネスなどですね。

以前なら雇われない生き方と言ったら自分で会社を立ち上げて従業員を雇い、
自分が雇う側になるくらいしかなかったと思うんです。

でも今は生き方の自由度がとても増していますよね。

冒頭にも書いたように、

「だから皆雇われない生き方をしましょう!そっちの方が良いですよ!」

みたいなことを伝えたいわけではないんです。

正直人によって合う合わないがあると思いますし、
雇われる生き方だって自分が本当にやりたいことや充実感を感じられることが
できるのなら全く問題ないですし、そういった生き方に問題を感じていなければ
わざわざ生き方を変える必要はないですよね。

ただ、雇われる生き方に問題を感じている場合は「雇われない生き方もある」ということを
知っていれば人生の選択肢が増えると思うんです。

更に言えば、今は副業2.0と呼ばれる働き方も出てきていますし、

「一部雇われる生き方をしながら、一部雇われない生き方をする。」

というハイブリッドな生き方だってあります。

先ほどのパートさんの例で言えば、私はある程度時間が自由に使えて
旦那さんの収入も安定して見込める主婦の方にはかなり向いているんじゃないかな
とも思っています。

雇われる生き方、雇われない生き方、その両方のハイブリッドな生き方

こういったことの存在を知っておけば、人生の選択肢が今以上に広がるはずです。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?