【STORK(ストーク)】特定のカテゴリーだけウィジェットを表示させる方法

どうも、あらやんです。

今回はSTORK(ストーク)で特定のカテゴリーの記事を表示した時だけウィジェットを表示、
もしくは非表示させる方法を紹介します。

記事を作成し、カテゴリーが増えてくると
「このウィジェットはこのカテゴリーの記事では表示させたいけど、
このカテゴリーの記事では非表示にしたいんだよな。」
という場面が出てくることもあるかもしれません。

そんな時は今回紹介する方法で簡単に設定を行うことができるので、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

「ウィジェット設定」というプラグインを使います

今回紹介する方法はプラグインを使ったものになります。
そのプラグインの名前は、

「ウィジェット設定」

というなんともそのまんまな名前なんですよね。

まずはこのプラグインを導入しましょう。

プラグインの導入方法が分からない場合はこちらの記事で説明しているので
参考にしてみてください。
WordPressでプラグインをインストールする方法

導入にあたって一つ注意点があります。それは、プラグインを検索する際に
「ウィジェット設定」と入力してもなぜか出てこないことです。

検索する時には「Widget Logic」と入力してみて下さい。
そうすると「ウィジェット設定」が出てきます。

 

「ウィジェット設定」を導入したら…

プラグインの導入が完了したら次にウィジェットの設定画面を開きましょう。

試しに適当なウィジェットをどこでも良いので設定してみて下さい。
そうすると、設定したウィジェットの下部に今まで無かった項目が
追加されているはずです。

ここでウィジェットの表示・非表示の設定を行うことが出来ます。

 

特定のカテゴリーのみウィジェットを表示させる方法

まずは特定のカテゴリーのみウィジェットを表示させる方法を説明します。

先ほどの設定項目の上部にある「Hide/Show」の項目の中をクリックし、
「Show on checked pages」を選択してください。

その状態でその下にある「Taxonomies」というタブをクリックしましょう。
そうするとカテゴリーが一覧で表示されるのでそのウィジェットを表示させたい
カテゴリーにチェックを入れます。

これでチェックを入れたカテゴリーの記事のみで
このウィジェットが表示されるようになりました。

 

特定のカテゴリーのみウィジェットを非表示にする方法

先ほどとは逆に、特定のカテゴリーのみウィジェットを非表示にする方法を
説明します。

先ほどの設定項目の上部にある「Hide/Show」の項目の中をクリックし、
今度は「Hide on checked pages」を選択してください。

あとは先ほどと同じように「Taxonomies」のタブをクリックし、
このウィジェットを非表示にしたいカテゴリーにチェックを入れましょう。

これでチェックを入れたカテゴリーの記事のみ
このウィジェットを非表示にすることができました。

どうでしょうか、簡単にできますよね?
もしカテゴリーごとにウィジェットの表示・非表示を設定したい
状況が出てきたらこの方法で簡単にできますので試してみて下さい。

それではお疲れさまでした。

 

カスタマイズ記事まとめ

他のSTORK(ストーク)カスタマイズ記事をお探しの方はこちらから
まとめページへ移動することができます。

ぜひあなただけの素敵なSTORKブログを作り上げていって下さいね!


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?