WordPress運用に必要なレンタルサーバーについて

こんにちは、あらやんです。

今回はWordPress運用に必要なレンタルサーバーについて解説していきます。

WordPress運用を始めるにあたって、独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約は2つでセットなので、前回記事(→WordPress運用に必要な独自ドメインとは)もしっかりと読んでおいてくださいね。

 

レンタルサーバーとは

前回記事(→WordPress運用に必要な独自ドメインとは)で独自ドメインを、あなただけのインターネット上の土地(住所)と例えましたが、レンタルサーバーとはその土地の上に建てるビルのようなものだと思ってもらえればいいと思います。

あなたがもし家を買うとして、土地だけ買っても住めないのと同じように、独自ドメインだけを取得しても運用することはできません。

土地を買ってその上に家を建てることで初めて自分も住めるし客人を呼ぶこともできるのです。独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを契約することで初めてWordPressを運用することができるようになります。

つまり独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約は2つでセットなのです。

実際にはサーバー内にWordPressをインストールをすることで運用することができるようになります。

ざっくり図にするとこんなイメージですね↓

 

レンタルサーバーにはどんなものがあるか

この記事を書いている時点では、レンタルサーバーを契約するとなると3社に絞られると思います。

それは、

  • エックスサーバー
  • さくらのレンタルサーバ
  • ロリポップ!

この3社です。

この中から選ぶと良いでしょう。

 

どこのレンタルサーバーを使ったらいいか

初心者の場合はどこのレンタルサーバーを使ったらいいのか迷いどころだと思います。

この記事を書いている時点での各社のプランや料金の比較を書いてみますね。ちなみにプランはWordPressを使って情報発信をするのに十分な内容のプランを書いています。

 

エックスサーバー

標準的なプラン:X10(スタンダードプラン)

料金:初期費用3,240円 月額972円(36ヵ月契約)~1,296円(3ヵ月契約)

データ容量:200GB

さくらのレンタルサーバ

標準的なプラン:スタンダード

料金:初期費用1,029円 月額429円(12ヵ月契約)~515円(1ヵ月契約)

データ容量:100GB

ロリポップ!

標準的なプラン:スタンダードプラン

料金:初期費用1,620円 月額540円(6ヵ月契約以上)~648円(1・3ヵ月契約)

データ容量:120GB

 

私の感覚では、エックスサーバーが性能面では一番良く、エックスサーバーを使われている方が多い印象があります。性能が良い分、一番価格は高いですね。

ロリポップ!は数年前にサイトの乗っ取り事件が起こってから、評判はあまりよくないように私は感じます。まあ今は改善されているとは思いますが。

ちなみに私はさくらのレンタルサーバを使用していますが、現状では費用面で問題がなければエックスサーバーを使用するのが無難な選択かもしれません。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?