【雑記】母は強し…とはいうものの

こんにちは、あらやんです。

今回は、母は強し…とはいうもののというテーマで、出先で感じたことを書いていきます。

よろしければ最後までお付き合いください。

 

ヨーカドーでの一コマ

 

私は休日、子供を幼稚園に送っていっています。自宅から幼稚園まで距離があるので車で送っていき、いちいち自宅に帰っていると時間がもったいないので自宅には帰らず、ヨーカドーのフードコートでお迎えの時間まで仕事をしています。

ヨーカドーのフードコートにいるお客さんは、ほとんどがご年配の夫婦か、ママと子供です。

ヨーカドーのフードコートでノートパソコン開いてカタカタやっているのは私くらいです(笑)。目立ちますね。

このママと子供のペア、ママは本当に大変です。経験したことある方なら分かると思いますが、子供を連れてご飯を食べさせる姿、本当に尊敬します。

しかもこれが子供2人とか、3人になると、繰り返しになってしまいますが本当に大変ですよ。ママ神です。本当に。

この姿を見ると、世の中の夫はもっと妻に感謝しないといけないなと思います。

今日たまたま朝のテレビで、幼稚園の送り迎えをして風呂洗いと食器洗いをする自称イクメンの夫に対して、妻が「頑張ってくれているとは思うけど、イクメンとは思えない」と言っているのを見ました。

ちょっと奥さん厳しいなと思いましたが、やはりママの大変さはかなりのものだと思いますから、世の中の夫は妻を思いやらなくてはいけませんね。

 

夫としてできること|現実問題

 

なんか偉そうなこと言ってますが、実際私も思いやりが足りていない夫だと思います。

休みの日や、仕事の日もちょっとした時間を使って家事や育児に関わっていくことはもっとできると思いますが、「休みの日くらい…」という夫の気持ちもよく分かります。

週2で休みがあり、毎日8時間労働という人にとっては家事や育児には関わりやすい環境だと思いますが、実際にはそうでない人の方が多いと思います。

休みなんて全然ない、毎日十数時間働いているという人にとっては休みの日くらいゆっくりしたいという気持ちは当然のことだと思います。

 

自由なライフスタイルを獲得するとできること

 

私はこのブログを通して私自身、さらにはこのブログ読者の方々が「自由なライフスタイルを獲得して、家族と一緒に過ごせる幸せな生活」をおくれるように情報発信しています。

自由なライフスタイルを獲得できれば、家事育児に勤しむ妻ををフォローし、妻と共に家事育児に取り組むことができます。

これは、「妻の家事育児を手伝うためにサラリーマン辞めましょう」というような短絡的な事を言っている訳ではありません。

家族と共に幸せな生活を送るということは、お互い助け合って生活していくということです。家事育児を手伝うということはその内の一つということですね。

そういった環境を私は作っていきますし、私と価値観を同じくしてくれている人がいたら、私が発信している情報がその人の助けになればと思っています。

母は強しとは言いますが、なんでも耐えられるわけではありません。

私はそんな状況で頑張るママをフォローしていきたいと思いますし、パパがママをフォローできる環境を作る助けになっていきたいと思います。


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?