【雑記】言葉のチカラ|J-HIPHOP

こんにちは、あらやんです。

今回は、言葉のチカラ|J-HIPHOPというテーマで最近感じたことを書いていこうと思います。

ところで皆さんはJ-HIPHOPって聞きますか?最近はKICK THE CAN CREWの再結成が話題になりましたね。他にも熱心なJ-HIPHOPファンでなくても知名度がありそうなのはRIP SLYMEやZeebraとかでしょうか。

私は結構好きでよく聞きます。私が好きなのはNORIKIYOという人なんですが、カッコいいですね。

もし興味がある人はぜひ一度聞いてみて下さい。

 

情報発信とラップの共通点

 

先日電車に乗りながらNORIKIYOの曲を聴いていて、ふと情報発信とラップって共通点があるなって思いました。

それは、

「言葉のチカラで人を動かす」

ということです。

ラップって他の音楽と違って、話すように歌いますよね。普通の歌と比べると単純に言葉の情報量が多いですし、内容もメッセージ性が強いものが多いように私は思います。

聞いていて、もっと頑張ろうって思えたり、モチベートされたり、自分の生き方を考えさせられたり、すごく刺激があります。

もちろん他の音楽にもそういった力はあると思いますが、私にとってラップは言葉のチカラで人に影響を与えるものだと思います。

情報発信も同じで、ブログに書いたコンテンツや、Twitterでのつぶやきなど、言葉や文章で人をモチベートしたり、教育をしたり、人生観を考え直させたり…

まさに言葉のチカラで人を動かす仕事だと思います。

 

自分のフィルターを通す

 

HIPHOPに限らず、音楽って芸術ですよね。その人の好みや価値観、今までの経験や哲学みたいなものが色々と合わさってその人にしか作れない音楽を創り出すんだと思います。

情報発信も芸術的な側面を持っていると思います。情報発信では機能的価値と情緒的(感情的)価値が大切だという話を別の記事(コンテンツを通じて提供すべき2つの価値)で書きましたが、情緒的(感情的)価値というのはまさに「この人が好き」、「この人の考え方や価値観が好き」という部分になってくると思います。

そういった部分を読者さんに感じ取ってもらうためには、インプットした様々な情報を一度自分の好みや価値観、経験や哲学といったようなフィルターに通し、オリジナルの形に変えて発信していくことで伝わっていくんじゃないかなと思っています。

ですから情報発信をする上では、堂々と自分のオリジナリティを発揮してコンテンツを作り続けていくことが大切だなと感じています。

最後に、私の好きなNORIKIYOの曲を紹介します。

YOU ARE WITNESSという曲です(この曲はオリジナルではなくてリミックス版です)。

この曲で歌われている

桃は3年、柿は8年、実はなりゃしねぇが俺はまだ走れる。

見てな、そうさお前らがwitness(証人)。最後淘汰されて誰が生きてる?

この先で確かめな、この先で確かめな、ついて来て確かめな。

follow me…

この部分が好きです。やってやるぜ!って気持ちにさせてくれます。

実力を高め続け、読者さんに良い影響を与えられる情報発信を目指して頑張っていきましょう。

 

 

あらやん公式メルマガはこちら

無料のメルマガに登録して頂くとメルマガ会員限定のメンバーズサイトに無料でご招待しています。

メルマガやメンバーズサイトでは

  • 自由なライフスタイルを実現するための具体的な方法
  • 理想を現実にするための思考法・マインドセット
  • より成果を出すための作業のマネジメント

などなど、自由なライフスタイルを実現するための様々な情報を発信していきます。

あなたも自由なライフスタイルを実現し、家族や恋人、友人などの大切な人とニコニコ笑顔で過ごしていけるようなそんな人生を歩んでいきませんか?もしそんな人生に興味や憧れがあるのなら、ぜひこのメルマガに登録して下さいね。

あなたが理想のライフスタイルを実現できるように私も頑張って情報を発信していきます!