トイレのポスター×虚化×パラノイア

こんにちは、あらやんです。

今回は、トイレのポスター×虚化×パラノイアというテーマでお話をしていきます。

タイトルだけでは意味不明だと思いますが、たまたま見かけたトイレのポスターから色々なことを感じたので記事にしてみました。

 

たまたま見かけたトイレのポスター

 

先日、関わりのある企業様でトイレをお借りしました。

この企業様のトイレには毎月、違う内容のポスターが貼ってあります。内容は社員教育に関することで、社員教育を行うコンサル会社が発行したものでした。

以前から内容に違和感を感じていたのですが、今回は今まで以上に違和感を感じました。

一言一句覚えてはいませんが、

「不平不満が顔に出ていない?いつでも笑顔でいなきゃ!」

的な内容だったと思います。

皆さんはどう感じましたか?

確かにこの文章、当たり前のことの様に思えます。仕事は集団で行っていますから、何か嫌なことがあったとしても、もろに不平不満が顔に出ていたら空気悪くしますよね。

サービス業だとしたら、お客様の言動が気に食わなくて不平不満が顔に出たら即クレームです。

確かに当たり前のことなんです。でも、私は違和感を感じました。

なぜかというと、それを続けていると自分が無くなってしまうと感じたからです。そして、その文章から私は2つのことを連想しました。

それが、虚化とパラノイアです。

 

虚化すると強くなるけど…

 

皆さんは虚化ってご存知ですか?

虚化はホロウかと読みます。これは以前に週刊少年ジャンプで連載していた久保帯人先生の「BLEACH」という漫画で出てくるものです。

主人公は物語の途中でこの虚化という能力を身につけます。

虚というのは悪霊のようなもので、本来は主人公たちの敵にあたるのですが、主人公は虚化することで一時的に自分自身の能力をパワーアップさせます。

その虚化の象徴が「仮面」であり、ドクロの様なデザインの仮面を顔につけることで能力が発動します。

私は、先ほどのポスターの文章を読んだときに、この虚化を思い出しました。それは、不平不満を持っていたとしても顔に笑顔を貼り付けるというイメージと、虚化の仮面を顔につけることに共通点を感じたからです。

BLEACHの物語では、主人公は虚化するとパワーアップしますが、その力をコントロールできなかったり、虚の力に飲み込まれることがありました。

これは笑顔を貼り付けることも同じなんじゃないかなと思います。

不平不満があったとしても顔に笑顔を貼り付ける。これをすることで職場やお客様との関係は円滑にいくと思います。

ですが代わりに自分の心の中にストレスが溜まっていきます。これが続けばストレスをコントロールできなくなったり、ストレスに飲み込まれることもあるでしょう。

 

幸福な市民

 

BLEACHの他にもう一つ連想したことがあります。それは「パラノイア」です。

ここで私が言うパラノイアとは、TRPG(テーブルトークRPG)のパラノイアです。

TRPGとはテレビゲームのRPGではなくて、紙(オンラインの場合はスカイプ)とサイコロを使って行うリアルな会話型ゲームです。

(詳しい説明はWikipediaを見て下さい。リンク張っときますね。)

TRPGと言っても色々種類がありまして、有名なのはクトゥルフ神話TRPGというものですが、その他のものとしてパラノイアがあります。

パラノイアの世界観を簡単に説明しますね。

パラノイアの世界はコンピュータに支配されています。そこに暮らす人々は明確にランク分けされており、コンピュータを(表面上は)絶対的に信奉し服従しています。

この世界においてコンピュータは全知全能の神なので、そのコンピュータが創り上げた世界は完璧でなくてはならず、当然そこで暮らす人々も完璧でなくてはなりません。

完璧でない人間はコンピュータに対する反逆者という扱いですぐさま処刑されてしまいます。

人々は常に笑顔で幸福でなくてはいけません。この世界では幸福であることが義務です。

ここで先ほどのポスターに戻りますが、不平不満を持っていても常に笑顔でなくてはいけないというのはまさにパラノイアの世界だと思いました。

現実の世界では不平不満を顔に出しても処刑こそされませんが、問題ありとはみなされます。

職場に迷惑をかけないように、お客様からクレームを貰わないように、どんなに不平不満を感じても顔に笑顔を貼り付ける。この世界では笑顔であることが義務の様に感じることもあるかもしれません。

 

自分の心に正直になる

 

私が言うには、不平不満があったら顔に出していいと思います。

嫌なことがあったら当然不平不満を感じます。だって人間ですからね。

私たちは大人ですから程度は考えなくてはいけません。自分の心に正直になると言っても、嫌なことがある度にいちいち周りの人に愚痴ったり、壁を殴ったりしていたら単なる痛い人です。

ですが、いつでも笑顔を顔に貼り付けていたら、本当の自分の心がどんどん見えなくなってしまうんです。

これはメンタル的にも良くないですが、ネットビジネスに取り組む私たちには非常に大きな問題です。

情報発信というネットビジネスにおいては、自分らしさというのがとても大事なことの一つです。

自分の強みを活かし、自分にしかできない、自分のフィルターを通した情報を発信していくことが大事だと思うのですが、不平不満を隠して周りに合わせて笑顔を顔に貼り付けるような生き方が習慣になってしまうと、周りのことを気にして当たり障りない情報しか発信できなくなってしまします。

「不平不満が顔に出ていない?いつでも笑顔でいなきゃ!」

これが完全に習慣化してしまっている人は、本当の自分の心を表現するという許可を自分に与えてあげる必要があるんじゃないかと私は思います。

(最後に言っておきますが、私はこの社員教育コンサル会社の批判をするわけでわありません。この一つの文章から私が感じた主観を話しているだけですので誤解の無いようにお願いします。)

 

 


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?