記事に目次を表示させるTable of Contents Plusの使い方

こんにちは、あらやんです。

今回は記事に目次を表示させるTable of Contents Plusというプラグインの使い方を説明しますね。

目次を表示させることで読者さんは記事が読みやすくなると思います。Table of Contents Plusを活用して読みやすいブログを目指しましょう。

 

導入方法

 

まずはプラグインの新規追加画面からTable of Contents Plusを検索してインストールしてください。

プラグインのインストール方法が分からない方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

WordPressでプラグインをインストールする方法

このプラグインは基本的にはインストールをすればすぐに効果を発揮します。

記事の見出しを勝手に目次にして最初の見出しの上に表示してくれます。これは過去の記事にも適用されるので、過去の記事に関しても何かの作業を行わなくても勝手に目次を作ってくれます。とても簡単ですね。

 

設定方法

 

目次を表示させる条件(見出しの数)や、目次を表示させる位置などの設定を行いたい場合は、プラグイン→インストール済みプラグインからTable of Contents Plusの設定をクリックしてください。

そうすると以下の画面が出てきます。

  • 位置:目次を表示させる位置を設定します。
  • 表示条件:見出しが最低いくつあるときに目次を作るのかの条件を設定します。
  • 以下のコンテンツタイプを自動挿入:どのタイプの投稿に目次を表示させるかのを設定します。post(投稿)とpage(固定ページ)にチェックを入れておけば問題ないです。
  • 見出しテキスト:目次の上に目次自体のタイトルを表示させるかどうか。表示させる場合はどのようなタイトルを表示させるのかを設定します。また読者さんが目次の表示・非表示を切り替えられるかどうかを設定します。

階層表示から下は見た目の設定なのでお好みで調節をしてください。設定自体は簡単にできますから、色々いじってみて自分好みに、そして見やすくなるように調節をしてみて下さいね。

 

上級者向けの項目

 

上級者向けの項目は特にいじらなくても問題ないのですが、一点だけ今後いじる必要になるかもしれない項目があるのでそこだけ説明します。

それは「除外する見出し」の項目です。

上の画像では、除外する見出しに「こちらの記事もおよみいただきありがとうございます」と入力されていますよね。

これは何かというと、今後関連記事を表示させるプラグインを導入した時に、関連記事の上に書かれている見出しも目次に入ってしまうということが起きます。

それを防ぐために除外する見出しの項目を活用しています。

もし目次に入れたくない見出しがある場合はこの項目を活用すれば目次に入らないようにできますから、これは知っておいた方が良いと思います。

 

 


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?