4つのNot|Not Openの壁の乗り越え方

こんにちは、あらやんです。

今回は、4つのNot|Not Openの壁の乗り越え方というテーマでお話をしていきます。

コピーライティングとは言葉の力で、それを読んだ人の行動を変えるものだという話を別の記事でしました。

参考:コピーライティングの基礎知識

行動を変えるということは、ビジネスにおいては商品を買わないという状態から買うという行動を起こしてもらうということになります。

そのためにはコピーライティングスキルを活用して4つの障害を乗り越えていかなければなりません。

ではその4つの障害とは一体何でしょうか。

それは、

  1. 開かない(Not Open)
  2. 読まない(Not Read)
  3. 信じない(Not Believe)
  4. 行動しない(Not Act)

この4つの障害です。このことをよく4つの壁とか4つのNotとか言ったりします。

これを乗り越えて、最終的に行動する=商品を買うという段階まで導いていくために必要なのがコピーライティングスキルになります。

 

開かない(Not Open)の壁の乗り越え方

 

まずは一つ目の障害である開かない(Not Open)の壁の乗り越え方を学んでいきましょう。

ネットビジネスにおける開かない(Not Open)の壁とは具体的に何かと言うと、主にメルマガになります。

読者さんの立場で言うと、一応メルマガ登録は無料だからしてみたけどあまり興味が持てないのでメルマガが届いたら読まずに削除してしまうという状態です。

この状態を乗り越えるためには何が必要でしょうか。

読者さんは興味が持てないのでメルマガ開くこともなく削除してしまいます。逆を言えば読者さんに興味を持たれる存在になればメルマガを開いてもらうことができます。

そのために必要なことはブランディングです。

あなた独自のブランドを構築して、読者さんからあなたのメルマガが待ち遠しいと思われるようになれば簡単にこの障害を突破することができます。

参考:ブランディングの基礎について

このブランドを構築していくために、日ごろから機能的価値と感情的価値を提供できるようなコンテンツを作成し、どんどんと発信していきましょう。

ブランディング以外で開かない(Not Open)の壁を乗り越える方法としては、ちょっとグレーですがメルマガのタイトルを興味を持てるようなものにして発信するというものがあります。

あなたも経験があると思うのですが、気になるタイトルや緊急感を出すタイトルがついたメルマガが届くとついつい開いてしまいませんか。

自己のブランディングが不十分な場合はこういった手法を使わないとこの障害を乗り越えられない場合があるので、ブランディングを行いつつもタイトルに工夫を持たせて開かない(Not Open)の壁を乗り越えていきましょう。

 

 


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?