コピーライティングにおける3つのONE

こんにちは、あらやんです。

今回は、コピーライティングにおける3つのONEについて解説していきます。

この3つのONEはビジネスにおいてセールスコピーライティングが効果を発揮するための1つのルールの様なものです。

実際にコピーライティングを活用するときはここで紹介する3つのONEを意識して文章を作成するようにしましょうね。

 

3つのONEとは

 

それでは早速3つのONEを紹介します。3つのONEとは

  • One Market(ワン・マーケット)
  • One Message(ワン・メッセージ)
  • One Outcome(ワン・アウトカム)

この3つです。

これは何を意味しているのかというと、

「市場を一つに絞り、そこに一つのメッセージを投げかけそれに対する一つの出口を作る。」

ということです。

これから一つ一つ説明していきますね。

 

One Market(ワン・マーケット)

 

One Marketとは、あなたがターゲットとして定める市場を一つに絞りましょうということです。

例えば、あなたがメインサイトで稼ぐ系の情報発信アフィリエイトをしていたとします。

そこでなぜか突然ダイエットサプリのアフィリエイトページを作ったり、恋愛系のページを作ったりしてはいけないということです。

これをしてしまうということは、あなたが引き寄せたいターゲット顧客を自分の手でブレさせているということです。

そうすると読者さんは困惑しますし、メインターゲット以外の顧客を引き寄せることになってしまうので、成約率は下がります。

ですからあなたがコピーを書く際には必ず一つの市場に的を絞るようにしましょう。

 

One Message(ワン・メッセージ)

 

One Messageとは、一つのコピーで投げかける内容は一つだけということです。

あなたはなにかしらの情報教材を購入したことがあるでしょうか。その購入ページには様々なセールスコピーが書かれていたと思います。

その情報教材が売れている商品ならば、おそらくセールスコピーが主張していたメッセージは一つだったのではないでしょうか。

例えば、「この教材を購入することでアフィリエイトのノウハウを手に入れることができます。」みたいな感じですね。

もしこれが、「この教材を購入することでアフィリエイトのノウハウを手に入れることができます。アフィリエイトには継続力が重要なので、このノウハウを身につければダイエットにも効果があります。またアフィリエイトで稼げるようになるのでこのノウハウで女の子にもモテるようになります。」

みたいな文章だったらどうでしょうか。何がしたいの?って感じですよね。

混乱した脳は常にNOと言います。伝えたい内容はシンプルに一つだけ。これが重要です。

 

One Outcome(ワン・アウトカム)

 

One Outcomeとは投げかけられた一つのメッセージには、一つだけ出口を作るという意味です。

例えばあなたがメルマガ登録ページを作ったとします。あなたはどうせならメルマガに登録してもらう前にもっと自分のことを知ってもらいたいなと思ってメルマガ登録フォームへのリンクの前に自己紹介ページへのリンクを作ったとしますね。

これをするとどうなるかというと、メルマガの登録率が落ちるということです。

せっかく貼り付けた自己紹介ページへのリンクがメルマガ登録フォームへの道筋の障害物になってしまうのです。

これはメルマガ登録に限らず、商品の販売ページに作るべき出口は購入申し込みのリンクだけ。他のリンクは貼らないということです。

この記事で紹介した3つのONEを意識した文章を作成し、読者さんの反応がとれるようなブログを作成していきましょう。

 

 


無料会員制のメールコミュニティへご招待しています

無料で参加できるメールコミュニティ、その名も「ニコニコスマイルコミュニティ」にご招待しています。

このコミュニティではブログでお伝えしきれなかった内容やコミュニティ参加者限定のコンテンツをプレゼントしています。ネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付け、自由なライフスタイルを実現して大切な人とニコニコ笑顔で暮らしていけるような人生を創造していきたいのなら、あなたも無料のコミュニティに参加して仲間になりませんか?