情報発信とサンプリング

こんにちは、あらやんです。

今回は、情報発信とサンプリングというテーマでお話をしていきます。ここで言うサンプリングとは曲(トラック)作りで行うサンプリングを意味しています。

なんでそんな話が出てくるのかというと情報発信での記事作成と関連があると感じたからです。これからどういうことか解説していきますね。

 

ヒップホップにおけるサンプリング

以前ヒップホップのことを記事にしたことがあるのですが、私は個人的な趣味でヒップホップが好きなんです。

 ヒップホップでは曲に乗せてラップをするわけですがこの曲のことをトラックと言い、トラックを作る人のことをトラックメーカーと言います。

トラックメーカーはゼロからトラックを作る場合もありますが、サンプリングという手法を使うのがヒップホップの伝統的な作曲方法です。

ではサンプリングとは何かというと、既に世に出ている楽曲から一部分を抜き出すということです。

トラックメーカーは自分でゼロから作曲ができないとなれないのかというとそういう訳ではありません。リズムマシン(ドラムを叩くスキルがなくても、ボタン操作などでドラムの音が出せる機械)でリズムパートを作り、そのリズムパートにサンプリングした楽曲をループさせて乗せればトラックの完成です。

例えばKICK THE CAN CREWのクリスマスイブRAPなんかが有名どころですね。

 

サンプリング=既存のものを活用する

ここまでトラックメイクにおけるサンプリングの説明をしてきましたが、これがどう情報発信と関わってくるのでしょうか。

サンプリングとは既存の楽曲を一部利用することでしたね。つまり自分でゼロから作り出さなくてもOKということです。

情報発信におけるコンテンツ内容で考えてみましょう。情報発信でのアフィリエイトにおいて重要なのはコンテンツの量と質でしたね。

それでは量を作ろうと考えた時に、発信内容を全てゼロから自力で考え出さなければならないとしたらどうでしょうか。かなりのエネルギーが必要ですよね。

また、それではゼロから作り出すだけの知識やスキルがなければ情報発信では成果が出せないということになってしまします。

では実際はどうなのかというと決してそんなことはありません。もちろん専門的な知識やスキルがあれば有利なのは間違いないでしょうが、現在情報発信で成功している人が全てそうだったのかというとそうとは限らないと私は思います。

では皆さんどうやってコンテンツを創り出しているのでしょうか。

それはサンプリングと同じで既存のものを活用しているんだと思います。

念のため断っておきますが、どっかからネタをパクってきてコピペして記事を作ればいいと言っているわけではありませんので注意してくださいね。

 

あなたのフィルターでサンプリングする

トラックメイクでもそうなのですが、そのままパクってきてアレンジして曲にしたのでは単なるカバーか盗作です。

トラックメイカーは自分の感性で既存の曲のカッコいい部分だったり気持ちいい部分をサンプリングし、オリジナルのリズムパートに乗せて自分にしか作れないトラックを創り出します。

情報発信でも同じことが言えると思います。他所のブログやWikipediaからコピペしてきただけの記事は魅力がありませんし、Googleからの評価も上がりません。

情報のソースとして自分の過去の経験・体験や趣味、別分野の知識を活用し、自分のフィルターをかけて抜き出すことでオリジナルのコンテンツにしていくとそこには魅力的な価値が生まれてくると思います。

何も全て自力でゼロからコンテンツを作り上げなければいけない訳ではありません。もしかしたら情報発信と全く関係ないあなたの趣味を視点を変えて眺め、活用できそうな部分をサンプリングすることで他の誰かにとって魅力的な情報になる可能性は大いにあります。

あらやん公式メルマガはこちら

大切な人と幸せに過ごす自由なライフスタイルを創り上げるための無料メルマガです。
幸せに満ちた自由なライフスタイルを創造する方法を無料のメール講座で配信しています。

・自由なライフスタイルを創り上げるための無料メール講座
・月収100万円の価値を作り出す副業スタートノウハウ
・真の自由を手に入れるためのマインドセットレポート(PDF20ページ分)
・メルマガバックナンバー
・ブログアクセスアップのためのメールコンテンツ

等を無料プレゼント中!