ネットビジネスやるならアフィリエイト?一つの仕組みにこだわることの危険性とは?

どうも、あらやんです。

私が初めてネットビジネスと出会った頃、おそらく4~5年前だったと思いますがあの頃はネットビジネスで稼ぐ=サイトアフィリで稼ぐみたいなイメージがあったと思います(私だけだったらスイマセン)。

サイトアフィリは実際に収益が出るまでに手間がたくさんかかったので、当時全然本気じゃなかった私は挫折しまくりで全く稼げませんでした。

でも実際に稼げていた人はもちろんいる訳で、当時は「こんな〇〇な私でも年収1000万!」みたいなタイトルのブログがたくさんあったのを覚えています。

こういう人たちの多くがとりあえずサイトアフィリで月10万稼いで、その実績を謳って教材売ったりコンサル売ったりして100万、1000万を稼ぐという王道的な流れでお金を稼いでいたという話を聞いたことがあります。それだけ「とりあえずサイトアフィリ」は王道的な道筋だったんですね。

でも、現在そうやって稼いでいた人の中で全然稼げなくなってしまったがためにネットビジネスを辞め、サラリーマンに戻っていく人が後を絶たないんだそうです。

 

アフィリエイトで一度稼げたら放っておいても大丈夫?

これはあくまで私が聞いた話なので全てがそういうパターンなのかは分かりませんが、かつて稼げていたのに稼げなくなってしまった原因として「ほったらかししすぎ」があるんだそうです。一度大きく稼げるようになったらそれが永遠に続くかのように思えてしまって、

  • どうやって継続して稼ぎ続けていくか
  • どうやって更に利益を増やしていこうか
  • 稼いだ資金をどうやって運用していこうか

と言ったことまで考えられなくなってしまうんだそうです。

結果としてほったらかしにしていたブログが収益を生まなくなってしまい、どんどんと収益は右肩下がりになってしまう…

サイトアフィリでは一度売れるブログができると自動的に収益を生み続けてくれます。それは通常ならサイトアフィリの大きなメリットですが、それと同時に「メンテナンスをしなければいずれ収益は無くなる」という当然の事実すら忘れさせてしまうというデメリットも含んでいるということですね。

こういった先人の失敗談から様々なことを学ぶことは大事ですね。

 

ネットビジネスで稼ぐ仕組みは複数持っていると安心

「ネットビジネス」という言葉は非常に大きな範囲をカバーしていると思います。

「ネット」+「ビジネス」=「ネットビジネス」

です。当たり前なんですけどネットを活用したビジネスはなんでもネットビジネスなんですよね。

その中にはネットショップもあり、せどりもあり、アフィリエイトもあり、アドセンスもありと視野を広げて見てみると様々なやり方があるんです。

アフィリエイトに限らずネットビジネスの多くは「時間や場所に縛られずに好きなことを仕事にできる」というメリットを持っています。もしここに魅力を感じてネットビジネスをやっているのならば、アフィリエイト一本で稼ぐということにこだわる必要は無いのかなと。

「目的は一つ、手段は無限大」ですから、ネットビジネスに取り組むことで最終的にはどんな状態になりたいのか、どんな理想の状態を実現したいのか。これが明確になっていれば手段は何だっていいんです。

アフィリエイト以外にアドセンスをやっても良いし、自分でコンテンツを作って販売しても良いし、アフィリエイトをやるにしても違った分野で別のブログを持ったっていいわけですよ。収入を得られる仕組みが一つだけというのは非常にリスキーですからね。

極端なことを言ってしまえばもしかしたらネットビジネスでなくてもいいのかもしれない。かつて成果が出た仕組みに固執することなく、それくらい頭を柔軟に使ってビジネスに取り組んでいきましょう!

あらやん公式メルマガはこちら