【STORK(ストーク)】CTAウィジェットの設置方法

どうも、あらやんです。

今回はSTORK(ストーク)でのCTAウィジェットの設置方法を
説明します。

CTAとはCall To Action(コール・トゥ・アクション)の略であり、
読者さんにこちらの意図した行動を起こしてもらえるように
促すものです。

私のブログで言うと、記事下に表示されるメルマガ紹介が
CTAウィジェットです。

このCTAウィジェットを効果的に設置することで
狙ったコンテンツへの読者さんのアクセスを増やすことができる
可能性があります。

例えば

  • 特定の記事を読んでもらいたい
  • 商品を販売するためのランディングページにアクセスして欲しい
  • メルマガへの登録を促したい

こういった時にはとても便利なウィジェットです。

STORK(ストーク)では非常に簡単にこのウィジェットの設置可能です。
この記事を参考にして、STORK(ストーク)でのCTAウィジェットの設置方法を
覚えておいて下さいね。

 

CTAウィジェットの設置方法

CTAウィジェットの設置はダッシュボード画面左の
「外観」→「ウィジェット」から行います。

ウィジェット項目の右下の「共通:CTA設定」という項目があるので
こちらをクリックし、テキストを挿入します。

テキストを開き、テキストエディターにして
下記のショートコートをコピペします。

[cta_in] [cta_ttl]ここにタイトルを記入[/cta_ttl]
内容を記入 [/cta_in]

内容の部分にはテキストの他に画像を貼り付けることも出来ますし、
ショートコートを使ってボタンを設置することも出来ます。

要はCTA設置のショートコードを使えば
記事を書く時に使うような機能はそのまま使えます。

ぜひこのCTAウィジェットを活用してみて下さいね。

今回は短いですが以上です。お疲れ様でした。