【STORK(ストーク)】CTAをカテゴリー毎に切り替える方法

どうも、あらやんです。

今回はSTORK(ストーク)で
CTAウィジェットをカテゴリー毎に
切り替える方法を説明します。

CTAとはCall To Action(コール・トゥ・アクション)の略であり、
読者さんにこちらの意図した行動を起こしてもらえるように
促すものです。

私のブログで言うと、記事下に表示されるメルマガ紹介が
CTAウィジェットです。

STORK(ストーク)では簡単なウィジェットの設定で
このCTAを記事下に設置することができます。

設定方法は前回記事で説明しているので
具体的な方法はそちらをご覧ください。
【STORK(ストーク)】CTAウィジェットの設置方法

このCTAウィジェットは読者さんに
コンテンツをアピールする際に非常に便利なのですが、
設置するCTAウィジェットの内容によっては、

「Aカテゴリーの記事下には表示させたいけど、
Bカテゴリーの記事下には表示させたくない!」

といった問題が出てくることもあります。

実はこの問題はある方法で簡単に解決できるので、
これから具体的なやり方を説明してきますね。

 

このプラグインを導入しよう

CTAウィジェットのカテゴリー毎の切り替えは、

「ウィジェット設定」

というそのまんまな名前のプラグインを使います。

実はこのプラグイン、名前の通り
CTAに限らずウィジェットの表示・非表示を
簡単に切り替えられるプラグインなんです。

以前カテゴリー毎にウィジェットの
表示・非表示を切り替える方法を説明しました。
【STORK(ストーク)】特定のカテゴリーだけウィジェットを表示させる方法

これと全く同じ方法でCTAウィジェットも
カテゴリー毎の切り替え設定を行えます。

プラグインの導入は上記記事を参考にして
行って下さい。

 

CTAウィジェットの切り替え設定方法

やり方は上記記事と全く同じなのですが
改めて説明します。

「ウィジェット設定」のプラグインを導入した状態で
CTAウィジェットに「テキスト」を設定すると、
下の方にこんな項目が追加されているはずです。

ここをいじることでCTAウィジェットに設定した
「テキスト」のカテゴリー毎の表示・非表示を
切り替えることができます。

 

特定のカテゴリーのみ表示させたい場合

特定のカテゴリーのみ表示させたい場合は、
先ほどの項目の「Hide/Show」の中から
「Show on checked pages」を選択し、
その下のTaxonomies(カテゴリー)一覧の中から
表示させたいカテゴリーのみチェックをいれます。

これにより、チェックを入れたカテゴリーのみ
このCTAウィジェットが表示されるようになります。

 

特定のカテゴリーのみ非表示にしたい場合

先ほどとは反対に、特定のカテゴリーのみ非表示にしたい場合は
「Hide/Show」の中から「Hide on checked pages」を選択し、
その下のTaxonomies(カテゴリー)一覧の中から
非表示にしたいカテゴリーのみチェックをいれます。

これでチェックを入れたカテゴリーでは
このCTAウィジェットが表示されなくなります。

プラグインさえ導入してしまえば
カテゴリー毎の表示・非表示の切り替えは非常に簡単なので、
もしカテゴリー毎にCTAを切り替えたい場合は
ぜひ活用してみて下さいね。

それではお疲れ様でした。