阪急電鉄の中吊り広告問題は「夢から覚めた人」の多さを物語っている件

どうも、あらやんです。

Twitter界隈で阪急電鉄の中吊り広告の話題が盛り上がっていますね。

ネタ元は阪急電鉄のこんな企画。

この企画によって中吊り広告として掲示された「はたらく言葉たち」の中にはこんなものがありました。

「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。研究機関 研究者/80代」

「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。外食チェーン 経営者/40代」

この「はたらく言葉」に対する批判や意見が数多く発信され、話題になっています。どうやらこの流れを受けて阪急電鉄は「ハタコトレイン」の運行を取りやめるみたいですね。

今回の阪急電鉄の中吊り広告問題を見ていて私が感じるのは「夢から覚めた人」が多いんだなということ。

Twitterではこんなつぶやきをしましたが、現実的な見方をする人というのが私の言う「夢から覚めた人」という意味合いで。こういった「いわゆる正論的なもの」が今の現実とフィットしていないということに気付いている人が多いんだなと言う印象を受けました。

 

「はたらく言葉」は正論であり夢見がちな言葉でもある

今回話題になっている阪急電鉄中吊り広告の「はたらく言葉」。いくつか見てみましたが全体的に正論と言うか、「そういう立場の人にとってはそうだろうな」という印象が強いですね。

例えば先ほど紹介した「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。」という言葉。

この言葉を発信した人にとっては「高い給料もらっても生き甲斐を持てないのなら、給料が普通であってもやりがいのある仕事をした方がいいでしょ?」ということなんでしょうがそもそも世の中には月収30万が普通でない人も多くいるわけで、この件に対する批判もそこが多いみたいですね。じゃあ月収30万未満で仕事にやりがいを持てない人はどうしたらいいんですかと。

「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。」という言葉も非常に経営者目線な言葉で。経営者の言葉だから当たり前なんですが、これは給料に不満を持っている人を不快にさせるには十分すぎると思います。

確かにそういう立場の人にとってはそうなんでしょうが、正論であり夢見がちな言葉だなと私は感じます。

 

仕事観のステージの違いを知る

ある程度の立場にいる人や経営者がこういった発言をするのは別にこういった企画だからというわけではなくて、社会人経験がある人ならこういうことを言われたことはあるんじゃないですかね。

私は別にこういった発言を批判するつもりはなくて。

むしろ高い立場にいる人に「君、世の中やりがいよも金だよ。もし今よりやりがいのない仕事であっても給与が増えるのならそちらを優先すべきだ!」なんて言われたら心配になるし、経営者に「お客さんのありがとうよりもまず利益を高めることを最優先に考えてくれ!」なんて言われたらこの会社大丈夫かなってなりますよね。

人それぞれ立場や立ち位置というものがあるので、いきなり「こいつ何言ってんの?」とならずに「こういう立場になるとこんな考え方になるんだな」程度の受け取り方で良いのかなと思うんです。

良く言われる「仕事観の3つのステージ」

  • ライスワーク:ライス=食料。つまり食っていくために働く。
  • ライクワーク:ライク=好きなことを仕事にする。好きなことをしていたいから働く。
  • ライフワーク:他者貢献。誰かの役に立つ為に働く。

というものがあります。

経営者や高い地位にいる人はある程度多くの経験を積み、ライフワークの仕事観に至っている可能性が高いので今回話題になっているような言葉を発することもあるでしょう。これは仕事観が近しい人には正論として受け止められるでしょうが、ライスワークの仕事観の人には夢見がちな言葉、現実が見えていない言葉と捉えられるかもしれません。

ここで重要なのは仕事観の3つのステージに優劣はないということです。むしろマズいのは耳触りの言い正論に酔って今の自分の仕事観を否定しまうことかなと。

 

「夢から覚めた人」=自分の現実を認められる人

少し私の個人的な話を一つ。

数年前の私がもし阪急電鉄中吊り広告の「はたらく言葉」を見たら「やっぱりそうだよな!その通りだな!」と思ったはずです。なぜなら当時の私は会社の教育により「ライフワークの仕事観こそが最も優れている」という価値観を持っていたからです。更に明言こそしないものの「お金のために働くのはレベルが低い」という空気が社内には流れていました。

ただ、仕事観の3つのステージは一つずつ上がっていくものであり、いきなりライフワークの境地に至るわけではありません。もっと分かりやすく言うと普通の人は明日の飯代に困っているのに他者貢献なんて考えられないということ。

ですがこの会社は新入社員のうちからライフワークを求めるわけです。結果どうなるかというと、給料は低いけどお客様に報いることこそが最上という価値観が生まれるんですね。つまり地に足がついていないのに理想に酔っぱらっていると。言い換えると夢の中なんです。

確かに「お客様に報いる→お客様の満足度が高まる→売上上がる→利益出やすくなる→賞与が増える」という流れになるのでお客様に報いることこそが明日の飯代につながっていると言えばつながっているんですが、労力とリターンのバランスが合っていないなと。

これは私の体験談ですが、同じような経験をしたことのある人ってそれなりにいるんじゃないかなと思うんです。

そして今回の件が話題になっているということはそういう人たちが夢から覚め、堂々と「私には明日の飯代の方が大事だ」と言える人が増えてきているということじゃないかなと思うわけです。

 

結局は「自分にとって幸せかどうか」

冒頭で紹介した私のつぶやきでも書いていましたが、私が言うにはどんな仕事観を持っていようとそれによって本人が幸せであればそれでいいかなと思います。

先ほどの経営者のように「地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集める」ことに幸せを見出す人はそこを追及して仕事に取り組めばいいと思うし、今よりも給料が増えることに幸せを感じられる人はそこを目指していったらいいかなと。

そもそも世の中にはお金のために働くということをなんとなく見下すような空気があるように私は感じますが、例えば子供が3人いるパパがお金をたくさん稼ぐことを目標にして働き、その成果として子供を全員大学に行かせることができたと(子供が自ら進学を望んでいるとして)。ここに幸せを見出すことは自然なことですよね。

むしろお金に困っていない人の方が少ない世の中ですから、もし今以上にお金を稼ぐことが自分の幸せにつながるのであれば周りに何と言われようがどんな目で見られようが稼いでいくべきです。その方が理想に酔っぱらうよりよほど現実が見えていると思いませんか?

そういう人が今はどんどん増えてきていると思いますし、私はそういった人を応援しています。

最後になりますが、「はたらく言葉」が気になる人はこちらから見ることができますよ。

あらやん公式メルマガはこちら

大切な人と幸せに過ごす自由なライフスタイルを創り上げるための無料メルマガです。
幸せに満ちた自由なライフスタイルを創造する方法を無料のメール講座で配信しています。

・自由なライフスタイルを創り上げるための無料メール講座
・月収100万円の価値を作り出す副業スタートノウハウ
・真の自由を手に入れるためのマインドセットレポート(PDF20ページ分)
・メルマガバックナンバー
・ブログアクセスアップのためのメールコンテンツ

等を無料プレゼント中!