「好きなこと・やりたいこと」でネットビジネス(情報発信)を始める人は稼げない?|情報発信の失敗パターン

どうも、あらやんです。

今回は「好きなこと・やりたいこと」で情報発信を始める人は稼げない?という疑問に対してお答えしていきます。これを通して情報発信の失敗パターンの一つを学び、自分の成果に繋げていってもらいたいなと思います。

「あれ…ネットビジネスって好きなことややりたいことでお金が稼げるって言ってなかったっけ…それだと稼げないの?失敗しちゃうの?」

そう思ったかもしれません。これは半分正しくて半分間違っています。どういうことかこれから説明していきますね。

 

ネットビジネス(情報発信)で好きなことややりたいことを「そのまま」発信しても失敗するし稼げない

まずは結論から。

見出しタイトルでお察しかと思いますが、残念ながらネットビジネス(情報発信)で好きなことややりたいことを「そのまま」発信しても失敗するし稼げないというのが現実です。

なぜかというとあなたが好きなことややりたいことと世間的なニーズが一致することは少ないですし、仮に一致していたとしてもそれがお客さんにとってお金を払うに値する情報であるかどうかはまた別の問題だからです。

好きなことややりたいことで飯を食っていけている人というのは、たまたま自分の好きことややりたいことと世間のニーズが一致していて、かつそれがお金を払うに値するレベルの情報だったというかなりレアなパターンの人です。

ネットビジネスはあくまでビジネスです。ネットビジネスというと「楽・簡単・めっちゃ稼げる」みたいなイメージを持っているかもしれませんがビジネスである以上そうはいかなくて。

もちろん部分的に切り取って見ると「楽・簡単・めっちゃ稼げる」が当てはまる所もありますが、全体を通してそんなことは無いわけです。

ビジネスとしてお金を稼ぐ以上はお客さんから見て「価値があるからお金を払ってでも手に入れたい」と思われなければいけないですよね。そう考えると自分の好きなことややりたいことの情報を発信しているだけで「価値があるからお金を払ってでも手に入れたい」と思ってもらえるかと言うと疑問です。

そういう意味でネットビジネス(情報発信)で好きなことややりたいことを「そのまま」発信しても失敗するし稼げないとお伝えしたわけです。

 

自分のこだわりに固執し過ぎる人は絶対に失敗するし稼げない

「ネットビジネスなら自分の好きなことややりたいことで稼げるって言われたから始めたのに!それならもうネットビジネスなんてやってられるか!」

もしかしたらそんなことを感じている人もいるかもしれません。

もしあなたが「自分の好きなことややりたいことを自分がやりたいように発信したい。それでお金を稼ぎたい。」そう思っているなら残念ながらネットビジネス(情報発信)には向いていません。と言うか、ビジネス全般に向いていないと言えるかもしれません。

ネットビジネス初心者の中には「ひたすら手を動かし続けていればそのうち天からお金が降ってくる」的な考え方をしている人がいますが、実際にはビジネスですから血の通った人間を相手にしているんですよね。

お客さんに「価値があるからお金を払ってでも手に入れたい」と思ってもらえなければいくら作業をし続けてもお金は稼げないです。つまり、もし現状お金が稼げていないのであればお客さんが求めているものに自分のコンテンツを摺り寄せていく必要があるわけです。

これができない人。言い換えると自分のこだわりに固執し、自分のやりたいようにやってお金を稼ぎたいというマインドを持っている人は残念ながら失敗するし稼げないんです。

 

「好きなこと・やりたいこと」をテーマにしたネットビジネス(情報発信)で上手くいくパターン

冒頭で「ネットビジネス(情報発信)では好きなことややりたいことを発信しても失敗する?稼げない?」という問いに対して半分正しく半分間違っているとお伝えしました。

半分正しい理由はここまででお伝えしてきましたが、半分間違っている理由、つまりネットビジネス(情報発信)で好きなことややりたいことを発信してお金を稼げるパターンはどういうものかを説明します。

それはどういうパターンかというと、自分の好きなことややりたいことをお客さんに合う様に加工してコンテンツとして提供しているパターンです。

自分が好きなことややりたいことをそのまま発信しても世間的なニーズと合致しないのであれば、そのニーズに合う様に自分の持っているリソースを加工しお客さんに摺り寄せていく。そういう柔軟性が必要になってきます。

例えば私が「私はプロのパン職人なんでお店に売っているレベルのパンが作れます!」と世間一般に発信したところで「へ~、そうなんだ~」程度の反応だと思います。良くて「すごいですね~」くらい。リソースをそのまま発信しても全く価値になりません。

それを「私はプロのパン職人なのであなたにパン作りを教えることが出来ます。料理教室に通うよりも断然レベルの高いパン作りを教えることが出来ますよ!」と言ったらもう少し反応は良くなるはずです。それでビジネスとして成功できるレベルにまで達するかは分かりませんが。

どうしたらお客さんにとって価値があると思ってもらえるか。そう思ってもらえるように自分の持っているリソースをどう加工していけるか。ここに答えを見出せたとしたら好きなことややりたいことでも上手くいくかもしれませんね。