ネットビジネスでブログを書く際に意識すべき「コピーライティングのコツ」とは?

どうも、あらやんです。

私事ですが、この記事を書いているおよそ1カ月前にスマホを新調しました。以前使っていたスマホはまだ使える状態ではあったんですが、画面がバッキバキに割れていたんですね。

このスマホ、元々妻が使っていたものなんですが以前私が使っていたスマホが不調になり、つなぎとして元々妻が使っていたバッキバキスマホを使っていたんですが、私はあまりスマホにこだわりがなかったので今まで気にせずに使い続けていました。

暫く前にたまたま格安でスマホを買えるお店を見つけ、衝動的に買い替えてしまったんですが、この時の体験がブログで記事を書く際に役立つなと思ったのでシェアしていこうと思います。

これからお伝えする内容はブログで記事を書いたりセールスをしたりする際に活用すべきコピーライティングのコツの一つとして役立つと思うので覚えておくといいと思いますよ!

 

コピーライティングのコツは「感情」にあり

コピーライティングの世界では有名な、ある一つの格言があります。それこそがコピーライティングのコツの一つなのですが、それは一体何かと言うと

「人は感情で物を買い、理屈でそれを正当化する」

というものです。

あなたは衝動買いをした経験はありますか?別に今すぐ必要なわけじゃない、これじゃないといけないわけでもない。でもなんだか無性にこれが欲しい!そういった体験をしたことがある人は多いはずです。

この衝動買いこそが「人は感情で物を買う」ということなんです。頭では分かっていてもなんとなく欲しい、どうしても欲しい、今欲しい。こういった感情を刺激されるような商品は欲しくなってしまうのが人情なんですね。

そして買った後から理屈で「自分が衝動買いをしたことが正しかった理由」を後付けで考え、自分自身を納得させます。

「感情が先で理屈が後」

これが人間の購買心理の真実なんです。

ここで冒頭の私の体験をお話します。

私がスマホを買い替えたのはお話した通りですが、冒頭での説明の通り「今すぐ買い替える必要性」は全くありませんでした。確かに画面はバッキバキでしたが割れていたのは画面の1/4程度でしたし、そのせいで画面が見えないというわけでもありませんでした。

それに今までそのことに不満を感じずに使い続けていたわけですから、別に緊急性は無かったんですね。

ただ、たまたま格安でスマホを買うことができるお店があるという情報を見つけ、チェックしたところ最新機種がメチャクチャ安くなっていて、まずそこで心を動かされました。

次にそのお店では期間限定でセールを行うという予告がされていました。そしていざセールが始まると3万円近くする最新機種が5,000円で売られていて…

思わず買ってしまったというわけです。

スマホを買い替える緊急性は無かったにもかかわらず、「他では見ない割引率」そして「期間限定でさらに安くなる」という点で私は衝動買いをしてしまったわけです。

そして後から「画面がバッキバキでちょっと見栄えが悪いよね」とか「買ったの2年近く前だからそろそろ替え時だったよね」とか「今買わなかったら損してたよね」なんていう理由を後付けで考え、自分の衝動買いを納得させていたんですね。

この私自身の行動がまさに「人は感情で物を買い、理屈でそれを正当化する」だったわけで、この言葉の意味を改めて実感しました。

この話には実は続きがあるんです。

昨日妻のスマホが突然電源が入らなくなり、買い替えを余儀なくされました。妻はあまり機械全般に詳しくないので私が代わりに妻の新しいスマホを選んだのですが、私が買ったのと同じお店で価格をチェックしたところ衝撃の事実が判明したんです。

実は私が買ったスマホは私の中では「第二希望」のスマホだったんですね。一番欲しかったスマホは売り切れでセール期間内に入荷する見通しは無かったのであきらめて第二希望のスマホを購入しました。

でも今回はあったんです。私の一番欲しかったスマホが。しかも価格は同じ約5,000円。

焦って衝動買いしたことを後悔しましたが、自然と「あの時私が第二希望のスマホを買って正解だった理由」を色々と考えてしまうんですね。

私が買った機種の方が総合的には性能が良いんじゃない?見た目もこっちの方が好みだし、第一希望のスマホはメーカーが色々と問題ありそうだし…やっぱこっちの方が良いな!

こんなことを考えるわけです。こういった事を振り返るとやはり「人は感情で物を買い、理屈でそれを正当化する」という言葉は正しいと感じますね。

 

感情に訴えることがコピーライティングのコツである理由

生物にとって感情は大きなエネルギーを生み出し、行動を起こす大きなきっかけになります。

例えばお腹が減ったから食べたい、体を休めたい、寝たい、子孫を残したいなど、原始的な欲求ほどエネルギーは大きいんですね。動物の多くがこのような生存欲求に駆られて行動を起こしています。

我々人間は脳の働きがその他の動物よりも発達していますから、こういった欲求は普段は理性で抑えることが出来ます。

ただ完璧に抑えられるかと言うとそうではなく、理性が原始的な欲求を抑えきれないケースがあるんですね。犯罪などは分かりやすい例だと思います。頭ではダメだと分かっていても感情が抑えきれなくて犯罪を犯してしまう。

この様に人間であっても感情を刺激されると理性で抑えきれなくなってしまうことがあります。コピーライティングで感情を刺激するというのはそういった人間の本能を刺激して購買行動を起こしてもらうためのトリガーになるわけです。

本能を刺激するということを意識せず、ただ単に商品の性能や効果、メリットなどをお客さんに伝えると確かに納得は得られるかもしれませんが、納得してもらうことと買ってもらうことはまた別ものなんですね。

お客さんは買うべきか買わざるべきか悩むと、基本的には買わないという判断を下します。「確かに商品の有用性には納得したけれど、今買う理由にはならないよね」ということになってしまいます。

私のケースであれば、スマホを買い替えると今までの画面バッキバキスマホよりは性能が上がるのは間違いなかったわけですが、それだけでは「今買い替える理由」にはなりません。

「今ならセール期間で約3万円のスマホが5,000円で買える。セール期間は限られていて安く買えるのは今だけだし、期間内でも売り切れてしまえば安くは買えない。」

こういった感情を刺激する要素があって「じゃあ今買うしかない!」と思わせ、購買行動に繋げることが出来るわけです。

あなたがブログで何らかの商品のアフィリエイトもしくはセールスを行ったり、メルマガ登録などの行動を起こしてもらいたいと思うのであればぜひ「感情を刺激する」ということを意識すると良いのではないかと思います。それこそがコピーライティングのコツの一つですからね。

あらやん公式メルマガはこちら

大切な人と幸せに過ごす自由なライフスタイルを創り上げるための無料メルマガです。
幸せに満ちた自由なライフスタイルを創造する方法を無料のメール講座で配信しています。

・自由なライフスタイルを創り上げるための無料メール講座
・月収100万円の価値を作り出す副業スタートノウハウ
・真の自由を手に入れるためのマインドセットレポート(PDF20ページ分)
・メルマガバックナンバー
・ブログアクセスアップのためのメールコンテンツ

等を無料プレゼント中!