商品と需要はどちらが先?学ぶべきマーケティングの基本とは

どうも、あらやんです。

ネットビジネスで成果を出し続けていくためにはマーケティングの勉強は欠かせないと思います(もちろんネットビジネスに限ったことではありませんが)。

マーケティングと言われると自動反応的に「難しい」とか「分からない」というイメージを抱いてしまう人もいるかもしれませんが、一つ一つじっくりと学んでいけば特別難しいものでもないのでぜひ少しずつ学んでいってもらいたいなと思います。

今回はマーケティングの基本的な内容ながら結構出来ていない人も多いんじゃないかなと思う「あること」について解説していきます。

 

マーケティングにおける基本的な「商品」の考え方

例えばあなたが何かビジネスを興そうとしたとしますね。もちろんネットビジネスもいいですし、そうでなくてもいいです。

ビジネスをするにはなんらかの「商品」が必要ですよね。ビジネスはお客さんに価値を提供し、その対価として価値(お金)を受け取る行為ですから、まずは提供できる価値(商品)がないとビジネスは成り立ちません。

ちなみに商品は有形の物とは限りません。無形の物、つまり何らかのサービスだったり情報だったりノウハウなども商品に含まれます。

ではあなたはビジネスをする上で何を商品にするのかを考えてみて下さい。おそらく今取り扱っている商品や今ある知識、ノウハウから作り出すことのできる商品をイメージするのではないでしょうか?

もちろんこれらは間違いなく商品ですが、気を付けないといけないことがあります。それは「今あるもの」もしくは「今持っている知識やノウハウから作り出すことのできるもの」を売ると決めてしまうと、いかにして今ある商品を売るかという思考に陥ってしまう可能性が高いということです。

この思考に陥ってしまうとビジネスはなかなか上手くいきません。

 

本人が売りたいものとお客さんが欲しいもの

これから例としてある状況についてお伝えします。まずはこれを読んでみて下さい。

あなたがサッカーの名門校の出身で、プロ並みのサッカーの技術を持っています。あなたは「せっかく多くの時間と学費を費やして学んだのだからこの経験を活かしたい」と思い、ブログを使ってサッカー教室の生徒集めを始めました。

ブログを使って集客を行うためにあなたは毎日記事を投稿しました。基本的にはサッカーに関する記事ですが、時々気分転換に趣味のキャンプに関する記事も投稿していました。

暫く経ってからブログのアクセス状況をチェックしたところ、想定外のことが起こります。サッカー関連の記事には大してアクセスが集まっていないのに対し、キャンプ関連の記事には多くのアクセスが集まっていて、しかもこの記事に貼り付けていたキャンプ関連商品のアフィリエイトリンクから収益も発生していました。

あなたとしてはブログを始めた目的は「サッカー教室の生徒集め」だったので非常に残念な気持ちになりました。なぜならいまだにサッカー教室の生徒は一人も集まっていなかったからです。

さて、これを読んだ上で考えてみて欲しいことがあります。このブログを訪れた読者さんが本当に欲しかったものは一体何だったでしょうか?

 

マーケティングの基本は「需要が先で商品が後」

お分かりかと思いますが、ブログを訪れた読者さんが欲しかったものは「キャンプに関する情報」です。

実際にサッカー関連の記事が大半を占める中で数記事しかないキャンプ関連の記事が上位表示される可能性があるかどうかについては置いておいて、先ほどの例でお伝えしたかったことは「売り手が売りたいものと買い手が買いたいものはなかなか一致しない」ということです。

多くの場合において自分でビジネスを始める人は特定の商品に深い思い入れを持っていて、その商品を売りたいからそれを買ってくれるお客さんを集めます。つまり商品ありきのビジネスをしています。

このスタイルでビジネスをする場合、商品を売るためにポスティングをしたり、販売促進策をあれこれと考えたり、商品に付加価値を付けるために特別な材料を使ったりなどあの手この手でお客さんに買ってもらえるような策を考え、実行します。

ですが、どれだけ商品を飾り立てて価値があるように見せてもお客さんにとって需要がなければあまり効果的ではないんですよね。結局のところ需要がなければビジネスは成り立ちません。

これは反対に考えれば、需要があってそれに応える商品があればビジネスは成り立つということです。

まずどんな商品や情報に需要があるのかを知ることが重要です。そしてそれに合った商品を用意したり開発したりするわけです。つまり需要ありきのビジネスをするということです。

これは個人で行うネットビジネスは非常に相性が良いです。ブログやSNSを活用すればあなたの見込み顧客はどんな商品に興味を持っているのかを知ることが出来ますし、それを知ってから商品を用意することも出来ます。

まずはマーケティングの基本として今回お伝えした「需要が先で商品が後」というのを覚えておいていただけたらいいかなと思います。どんなに自己満足できる商品でも、お客さんにとって需要がなければ全然意味がないですからね。

あらやん公式メルマガはこちら

大切な人と幸せに過ごす自由なライフスタイルを創り上げるための無料メルマガです。
幸せに満ちた自由なライフスタイルを創造する方法を無料のメール講座で配信しています。

・自由なライフスタイルを創り上げるための無料メール講座
・月収100万円の価値を作り出す副業スタートノウハウ
・真の自由を手に入れるためのマインドセットレポート(PDF20ページ分)
・メルマガバックナンバー
・ブログアクセスアップのためのメールコンテンツ

等を無料プレゼント中!